クラウドバックアップ/同期サービスのDropbox、ユーザー数300万突破―ただし$6Mを調達は去年10月の話

次の記事

ふつうのブログvs.短文ブログ: Twitterの伸びは横ばいだがWordPressが急伸

今日、GigaOmDropboxがこの夏、$7.25M(725万ドル)の資金を調達したと報じた。GigaOmはこの数字をDropboxのSEC(証券取引委員会)への報告書から得たものだとしているが、同社CEOのDrew Houstonは否定した。われわれがHoustonに話を聞いてみたところ、「金額も違ってるし、時期も1年ずれている」とのこと。現実にはDropboxがシリーズAの資金調達に成功したのは昨年の10月で、幹事はSequoia(Accelではない。ただしAccelもAmidzadPartnersと共にラウンドには参加していた)、額は$6M(600万ドル)だったという。

それ以前にDropboxはSequoiaから転換社債の形で$1.2M(120万ドル)のシード資金を得ている(またY Combinatorのインキュベーション・プロジェクトからの資金も得ている)。

資金調達の件はだいぶ以前の話と判明したが、現在Dropboxは順調に成長中だ。Houstonによると、新しいiPhoneアプリのおかげもあって、登録ユーザーは10月に25%増加したという。また同社はやっとDropbox.comというドメイン名を手に入れた(それ以前のドメイン名はgetdropbox.comだった)。Dropboxのユーザー数は最近300万の大台を突破したが、これは200万の大台に乗ってからわずか2カ月後だ。

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦/namekawa01

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中