今年の感謝祭の感謝はスティーブ・ジョブズに捧げたい―1997年のAppleへの帰還はきわどかった

次の記事

ドイツではGoogle Analyticsの利用は個人情報の無断収集で有罪–政府は罰金刑を検討中

今日(米国時間11/26)はアメリカでは感謝祭(サンクスギビングデー)だ。われわれは毎年この日には大切なものに感謝を捧げる慣わしになっている。私にとって大切なもののひとつがSteve Jobsであることに気付いた。彼が1997年にAppleに復帰して以来なし遂げてきたことにこのうえなく感謝している。しかしジョブズが20年前に創立した会社に帰還できた裏には非常にきわどい事情があった。実のところ、たいへんな幸運と偶然がなければ復帰は不可能だったろう。

1996年の12月も押し詰まった頃だった。私はシリコンバレー最大の法律事務所、Wilson Sonsini Goodrich & Rosatiに勤務する若い弁護士だった。私はがむしゃらに働き、幸運にもIT関係の企業法務を処理する小さなグループに加わることができた。このグループはNetscapeの公開資金調達と買収、PixarとDisney、NeXT Softwareとの提携など当時もっとも話題になったいくつかの案件を担当した。当時Steve JobsはPixarとNeXTを経営していた。Jobsは弁護士が必要になると私のボス―正確にいえば、私のボスのボス―Larry Sonsiniに電話するのが常だった。

その12月のある日、 Larryに電話がかかってきた。SteveはNeXT SoftwareをAppleに売ろうとしていた。JobsはAppleの取締役会でプレゼンし、例の「現実歪曲フィールド」が取締役たちを虜にした。Appleはすぐに$400M(4億ドル)をNeXTに支払い、Steveは顧問としてAppleに復帰を果たした。そしてしばらくしてCEOに就任し、10年以上にわたって次々と独創的なヒット製品が生まれることになった。これらの製品はコンピュータだけでなく、音楽、テレビ、映画、そしてテレコム業界にも甚大な影響を与えてきた。

Nextの買収の件では、Wilson Sosiniのわれわれのグループは6日間、昼夜ぶっ通しで働いた。オフィスに籠りっきりで、疲れ切るとデスクの下で仮眠した。作業が終わるとパートナーの一人が私を連れてSteveの自宅へ最後の署名をもらいに行った。私はSteveに会って、口ごもりながら自分の最初のコンピュータがAppleII+だったことを話した。数日後Steveは簡単な用件で私の電話にボイスメールを残した。私はその録音をWilson Sonsiniを辞めるときまで何年も大切にとっておいた。私にとってもっとも記憶に残る若き日の思い出の一つである。

現在でも、SteveのApple復帰がいかにきわどかったかを知っている人間は少ない。当時AppleはJean-Louis Gasséeの会社、Be Inc.にも買収の提案をしていた。 BeのBeOSはおそらくNeXTよりもAppleに向いていたに違いない。AppleはBeに$200M(2億ドル)という提案をしたが、Gasséeはもっとずっと高い金額を主張して譲らなかった。そこでAppleは最後の瞬間になってJobsに話をもちかけた。

下のスクリーンショットは買収の発表が行われた直後のNeXT Softwareのホームページだ。

もしAppleがBeを買収し、SteveがAppleに復帰しなかったら、どうなっていただろう? Appleはもちろん、われわれの住む世界全体がずいぶん今とは違うものになっていただろう。

Appleの今昔

Steve Jobsが帰還した当時のAppleは、 $7B(70億ドル)の売上に対して$1B(10億ドル)の赤字を出すという最悪の会計年度を終えたばかりだった。会社の時価総額は$4B(40億ドル)で、ライバルのHPは$62B(620億ドル)、Dellは$8B(80億ドル)だった。

現在、Appleの時価総額は$184B(1840億ドル)、売上は$36.5(365億ドル)、純利益$8B(80億ドル)とまさに驚異的だ。今やAppleはHPとDellを合わせたよりもずっと大きい。HewlettPackardは$119B(1180億ドル)、Dellは$28B(280億ドル)だから、 Dellをもう一社加えてもまだAppleには及ばない。

1997年のAppleの製品ラインは貧寒としていた。大失敗に終わったNewtonPerforma、 それにPower MacintoshPowerBook、プリンタにサーバが少し、といった具合だった。

ユーザーは当時デスクトップのソフトウェアに完全に依存していたから、使えるソフトの少ないAppleを使うのはよほどのファンか変人に限られていた。ほとんどのユーザーは標準的なデスクトップ・プラットフォームを使っていた。

早送りして今日のAppleを見てみよう。業界でもっとも魅力的な製品ラインを揃えている―iMac、Macbook、iPhone、iPod、等々だ。MacMiniでさえ、私は自宅でテレビ・チューナーに使っている。

昨年の第4四半期だけでさえ、Appleは300万台のMac、1千万台のiPod、740万台のiPhonesを売った。

しかしハードウェアはこの12年にAppleが成し遂げたイノベーションの中ではごく小さな部分に過ぎない。AppleはiPodとiTunesで音楽、映画、テレビのビジネスを大きく変え、iPhoneで携帯電話に革命を起こした。

もし1997年にGasséeなり他の誰かがAppleのCEOになっていたら、こうした製品のどれひとつでも生まれていただろうか? 10年前にAppleが最初にiPodを作ったときMP3プレイヤー市場はすでに飽和状態だった。 iPhoneが今のような形で世に出ることもなかっただろう。そして来年はAppleからタブレット・コンピュータが発表される。Steve Jobsの他にこうした独創的な製品を市場に投入できた人間がいたとは思えない。

Jobsなしにはこうした製品は何ひとつ生まれなかっただろうと私は確信している。Dell、HPその他無数のライバルが作るMP3プレイヤーや携帯電話と変わらぬ製品しかできなかっただろう。そしてライバルの製品と同様、今ではすっかり忘れ去られていたに違いない。

Steve JobsがAppleに帰還しなかったら世界は…

Fortuneは最近Steve Jobsをこの10年間のベストCEOに選んだ。当然だろう。Appleは巨額の利益を生んでいるだけでなく、時価総額はちょうどGoogleに匹敵し、AT&T、HP、Intel、Dellを始め、他の無数のIT関連企業よりはるかに巨大だ。

しかし、それらは小さいことだ
われわれの住んでいるこの世界がJobsがAppleに帰還していなかったらまったく違ったものになっていたはずだ。われわれはいまでも不便きわまる携帯電話地獄にいただろう。とうてい快適にウェブの閲覧ができるようにはなっていなかったと思う。そして間違いなくPandoraやSkypeなどサードパーティーのすぐれた携帯アプリケーションは登場していなかったはずだ。今でもわれわれはキャリヤが押しつけてくるくだらないアプリに囲まれていただろう。Android、Palm Pre、Blackberryなどが登場できたのも、Appleが携帯アプリ自由化への道を切り開いたからだ。2006年の携帯がどんなだったか思い出せば、それだけでAppleがiPhoneを作ってくれたことだけでも感謝したくなる(なるほど私は最近、iPhoneからAndroidに乗り換えた。しかし依然としてiPhoneがすべてを創ったことに変わりない)。

Steve Jobsはすべてのメジャー・レーベルを説いてDRMを止めさせた。Jobsはほとんど単身で全音楽産業の構造を根本的に変えた。今日のデスクトップ、ノートパソコンのルック&フィールがMacbookやiMacから強い影響を受けていることは一目瞭然だ。

もちろんAppleが間違ったやり方を全くしなかったわけではない(MobileMeの失敗がまず頭に浮かぶ。私自身はといえばMacbook Airはトラブルに次ぐトラブルだった)。またiPhoneに関する態度は腹立たしいのを通り越していささか邪悪だ。

しかしそんなことは問題ではない。Steve JobsがAppleに戻らなかった世界は今よりずっと楽しくないものになっていただろう。Jobsはふさわしい地位を歴史上に与えられるべき伝説的人物である。この感謝祭を機に、私はSteve Jobsに感謝をささげたい。皆さんも同感だと思う。

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦/namekawa01

“今年の感謝祭の感謝はスティーブ・ジョブズに捧げたい―1997年のAppleへの帰還はきわどかった” への4件のフィードバック

  1. […] 今年の感謝祭の感謝はスティーブ・ジョブズに捧げたい–1997年のAppleへ… | TechCrunch Japan 〈若き弁護士マイケル・アーリントンの目を通してみたスティーブ・ジョブズのアップル復帰とその後 → アップルファン必読!日本語もすばらしい!〉 – Jobsは弁護士が必要になると私のボス?正確にいえば、私のボスのボス–Larry Sonsiniに電話するのが常だった。 – 1997年のAppleの製品ラインは貧寒としていた。大失敗に終わったNewton、Performa、 それにPower MacintoshとPowerBook、プリンタにサーバが少し、といった具合だった。 ユーザーは当時デスクトップのソフトウェアに完全に依存していたから、使えるソフトの少ないAppleを使うのはよほどのファンか変人に限られていた。 – もし1997年にGasséeなり他の誰かがAppleのCEOになっていたら、こうした製品のどれひとつでも生まれていただろうか? 10年前にAppleが最初にiPodを作ったときMP3プレイヤー市場はすでに飽和状態だった。 iPhoneが今のような形で世に出ることもなかっただろう。そして来年はAppleからタブレット・コンピュータが発表される。Steve Jobsの他にこうした独創的な製品を市場に投入できた人間がいたとは思えない。 – われわれの住んでいるこの世界がJobsがAppleに帰還していなかったらまったく違ったものになっていたはずだ。われわれはいまでも不便きわまる携帯電話地獄にいただろう。とうてい快適にウェブの閲覧ができるようにはなっていなかったと思う。そして間違いなくPandoraやSkypeなどサードパーティーのすぐれた携帯アプリケーションは登場していなかったはずだ。今でもわれわれはキャリヤが押しつけてくるくだらないアプリに囲まれていただろう。Android、Palm Pre、Blackberryなどが登場できたのも、Appleが携帯アプリ自由化への道を切り開いたからだ。2006年の携帯がどんなだったか思い出せば、それだけでAppleがiPhoneを作ってくれたことだけでも感謝したくなる(なるほど私は最近、iPhoneからAndroidに乗り換えた。しかし依然としてiPhoneがすべてを創ったことに変わりない)。 – しかしそんなことは問題ではない。Steve JobsがAppleに戻らなかった世界は今よりずっと楽しくないものになっていただろう。Jobsはふさわしい地位を歴史上に与えられるべき伝説的人物である。この感謝祭を機に、私はSteve Jobsに感謝をささげたい。 […]

  2. […] 今年の感謝祭の感謝はスティーブ・ジョブズに捧げたい–1997年のAppleへの帰還はきわどかった | TechCrunch Japan 〈若き弁護士マイケル・アーリントンの目を通してみたスティーブ・ジョブズのアップル復帰とその後 → アップルファン必読!日本語もすばらしい!〉 – Jobsは弁護士が必要になると私のボス?正確にいえば、私のボスのボス–Larry Sonsiniに電話するのが常だった。 – 1997年のAppleの製品ラインは貧寒としていた。大失敗に終わったNewton、Performa、 それにPower MacintoshとPowerBook、プリンタにサーバが少し、といった具合だった。 ユーザーは当時デスクトップのソフトウェアに完全に依存していたから、使えるソフトの少ないAppleを使うのはよほどのファンか変人に限られていた。 – もし1997年にGasséeなり他の誰かがAppleのCEOになっていたら、こうした製品のどれひとつでも生まれていただろうか? 10年前にAppleが最初にiPodを作ったときMP3プレイヤー市場はすでに飽和状態だった。 iPhoneが今のような形で世に出ることもなかっただろう。そして来年はAppleからタブレット・コンピュータが発表される。Steve Jobsの他にこうした独創的な製品を市場に投入できた人間がいたとは思えない。 – われわれの住んでいるこの世界がJobsがAppleに帰還していなかったらまったく違ったものになっていたはずだ。われわれはいまでも不便きわまる携帯電話地獄にいただろう。とうてい快適にウェブの閲覧ができるようにはなっていなかったと思う。そして間違いなくPandoraやSkypeなどサードパーティーのすぐれた携帯アプリケーションは登場していなかったはずだ。今でもわれわれはキャリヤが押しつけてくるくだらないアプリに囲まれていただろう。Android、Palm Pre、Blackberryなどが登場できたのも、Appleが携帯アプリ自由化への道を切り開いたからだ。2006年の携帯がどんなだったか思い出せば、それだけでAppleがiPhoneを作ってくれたことだけでも感謝したくなる(なるほど私は最近、iPhoneからAndroidに乗り換えた。しかし依然としてiPhoneがすべてを創ったことに変わりない)。 – しかしそんなことは問題ではない。Steve JobsがAppleに戻らなかった世界は今よりずっと楽しくないものになっていただろう。Jobsはふさわしい地位を歴史上に与えられるべき伝説的人物である。この感謝祭を機に、私はSteve Jobsに感謝をささげたい。 […]

  3. […] ヒット製品を次から次へと産み出し、そのジャンルをまったく違うものに作りかえてしまうJobsの驚異的な能力は知らぬものがいない。この点については私は今年の感謝祭の感謝はスティーブ・ジョブズに捧げたいという長い記事を書いた。Jobsはとことん製品づくりに取り組む。最後のどんな細部も見逃さない。そしてその結果ははっきりと現れてきた。Jobsは携帯電話業界、音楽業界、映画業界、テレビ業界を作り変えた。Macとコンピュータ業界のことは言うまでもない。 […]

  4. […] 直接聞いたわけではないが、全く独立した情報源を通じて複数回、われわれの耳に入ってきた。Appleの上級幹部やJobsの友人たちが、この来たるべきAppleタブレットに関して、いかにJobsがかつてないほど興奮しているかを、話している。これほど多くのものを創造してきた男が言うからには、何かがある。 […]

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

フォロー

新しい投稿をメールで受信しましょう。

現在368人フォロワーがいます。