Twitter Japanの有料コンテンツ制が成功する(と思われる)6つの理由〔アップデートあり〕

次の記事

Twitter Japanが来年1月から有料アカウントを開始 〔アップデートあり〕

Picture 1
本誌が今日(米国時間11/27)報じたように、Twitterの日本のパートナーであるDigital Garageが、日本だけの新しい課金方式をスタートさせる。そのやり方はきわめて単純で、日本のTwitterユーザはもうすぐ、フォロワーたちが自分のつぶやきを見ることを有料にできる。料金は月額制または、つぶやき一編あたりだ。お金を払わないユーザは、抜粋を見るか、または何も見られなくなる。Digital Garageが30%を取る。

つまり、アカウントが有料になるのではなく、つぶやきというコンテンツを見ることが有料になる。しかしこの一見大胆な決定も、日本という国の特殊性を考えると、理にかなっていると言える。私が今住んでいる日本という国のWebの特殊性とは:

  • 日本はTwitterが公式のモバイルクライアント(先月立ち上げ)を提供している世界で唯一の市場だ。この国では、モバイルWebが固定のインターネットより大きく、その傾向は逆転しそうもない(差は今後どんどん広がると見る人も少なくない)。
  • 日本のモバイルWebユーザはコンテンツにお金を払うことに慣れている。毎月の電話料金に課金額が含まれるという便利な方式なので、コンテンツの提供者は数セントから数ドル程度の料金を課金しやすい(日本のモバイルWeb事情)。Twitterのつぶやきも、まさしくコンテンツだ。
  • 固定Webへの有料アクセスも日本では異例ではない。Mixiのような日本のソーシャルネットワークや、大人気のレシピーサイトCookpadのような専門分野のサイトは、すでに何年も前から部分的有料制を導入している(モバイルでも固定インターネットでも毎月の会費を払うと有料コンテンツにアクセスできる)。大まかに言って、日本ではこれらのサイトの会員の5%から15%が有料会員である。日本のTwitterの登録ユーザ数は推定200万人だから、有料制の実験的な導入を試みるに足る十分な規模だと言える。
  • 同じ140文字でも、英語に比べて日本語の仮名や漢字は、そこに詰め込める情報量が相当多い。したがって、コンテンツとしての価値も高いと言える。今回の、つぶやき一編ごとの料金制は、このことが背景にあるものと思われる。
  • 西欧とはきわめて対照的に、日本のWebユーザはセレブ(とくに芸能人たち)の動向や私生活に対する関心が大きい。芸能人の公式ブログに、今日のお昼に食べたものの写真が載ったりすると、そのたった一つの記事に対して何千ものコメントが書き込まれることもある(コメントが10000集まった例)。Digital Garageは、こういう有名人のTwitterユーザのファンたちが課金制の対象だと明言している。
  • 日本のWebサービスがマスコミに取り上げられることはきわめて稀だが、Twitterだけは全国放送のキー局にも取り上げられ、日本でのTwitterの成長はここ数週間で急に加速している。ほかの国ではTwitterのユーザ数は、このところ横ばいのようだが。

Digital Garageの今回の実験の成否を見ることができるのは、日本語インタフェイスからだけなのか、その点がまだ明らかでない(Twitter JapanはTwitter本体と物理的に別の実体ではないが)。もう一つの疑問は、この課金オプションの設置〜運用が今後はAPIとしても提供されるのかどうか、また合衆国のTwitterは日本での今後の推移に対してどの程度関心を持っているのかだ。というわけで、今後を見守りたい。

〔日本版アップデート:デジタルガレージはこの後、有料モデル導入を否定するプレス発表を行った。続報を参照。〕

[原文へ]
[米TechCrunch最新記事サムネイル集]

(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))

“Twitter Japanの有料コンテンツ制が成功する(と思われる)6つの理由〔アップデートあり〕” への6件のフィードバック

  1. […] アップデート: TechCrunchの社外ライターSerkan Toto(日本在住)が、Twitterの有料制は日本ではうまくいくだろう, その6つの理由という関連記事を書いている。 […]

  2. [IT]Twitterブログ: Twitter 関連サービスに関する一部報道について…

    Twitterブログ: Twitter 関連サービスに関する一部報道について …

  3. […] Twitter Japanの有料コンテンツ制が成功する(と思われる)6つの理由 […]

  4. […] われわれは昨日、Twitter Japanがフォロワーから購読料を取る有料モデルを1月から導入すると発表したことを報じ、またこの有料購読モデルが日本ではうまく行くかもしれないと論じた。 […]

  5. Long Tail World より:

    ツイッター有料版を疑似体験:Twitter Japan’s Premium Service NOT…

    Twitter’s partner, Digital Garage, retracted what its subsidiary COO said in mobidec2009.Twitter日本語版有料サービス開始のニュースは「誤解」だそうで。…

  6. […] Twitter Japanの有料コンテンツ制が成功する(と思われる)6つの理由〔アップデートあり〕 | TechCrunch Japan […]

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

フォロー

新しい投稿をメールで受信しましょう。

現在382人フォロワーがいます。