[jp] 第1回ウェブ学会シンポジウム

次の記事

Google Wave、もう一つの使い道:犯人捜索

IMG_5212

[日本語版編集部注:記事は大向 一輝氏(国立情報学研究所 准教授 Twitterアカウント @i2k )による寄稿。大学とTechの現場は切っても切れない関係がある。本誌もベンチャーキャピタルと大学教授と死の谷と、不可能を可能に:大学のイノベーションを商品化 する法という二回に渡る寄稿でその現状と問題点をお伝えしてきた。そんな中、日本でもウェブの現場を学術的な視点で見直そうという動きがあることを松尾豊氏(東京大学 准教授 Twitterアカウント @ymatsuo )、大向氏の両名から聞き今回の寄稿に至った。企画の中心にいる彼らは何を課題に考え、何を目的に本シンポジウムを立ち上げたのか。]

12月7日、東京大学・安田講堂にて「第1回ウェブ学会シンポジウム」を開催します。

ウェブの社会的影響力は、この15年で圧倒的な存在感を増しています。しかもその傾向はますます強まるばかりです。

ウェブの世界には原理的に境界はありません。しかし、現在のウェブを見渡したときに、日本と世界の間、ビジネスと研究の間など、さまざまな局面で断絶が感じられるのもまた事実です。

ここ日本から、世界に影響を与えるような革新的なウェブのビジネス・研究はどのように生み出せるのでしょうか。
そのために、わたしたちは、一度ウェブの原理に立ち戻るべきではないかと考えます。

ウェブでは、技術、ビジネス、制度、文化といった異質なものが一体となって進化していきます。
そのためには、研究者・エンジニアをはじめとして、経営者、投資家、法律家、行政・政策担当者など、多様な人々が境界を越えて高いレベルで交流することが重要だと考えます。

本シンポジウムでは、相互交流の機会のひとつとして、学術に軸足をおいた議論の場を提供することで、世界に影響を与えるウェブ研究・ウェブビジネスを継続的に生み出すことを目的とします。

もちろん、一度のシンポジウムだけでウェブのすべてを表現することはできません。今回は、ウェブの現状を象徴的に表していると思われる、3つのテーマを取り上げました。

「ウェブとコラボレーション」セッションでは、コミュニケーションの次のステップとして、個々人の直接的なコラボレーションから集合知、マスコラボレーションに至るまで、ウェブが可能にする協調活動のあり方とその課題について議論します。

「ウェブと政治」では、ウェブを通じた選挙活動の解禁が近づく中で、何が起こりつつあるのか、何が可能になるのかを、現職の政治家をお招きしてお話ししていただきます。また、既存のシステムの改良にとどまらず、ウェブのアーキテクチャがどのような意思決定を可能にするのかなど、理論的なテーマについても議論します。

「ウェブと科学」セッションでは、ウェブ空間に存在する大規模なデータを分析して知識を取り出す「マイニング技術」に焦点を当て、ウェブ企業・大学における研究開発の最先端の知見を紹介していただきます。

これら3つのテーマについて、さまざまな分野から第一線で活躍されている方々をお招きしました。また、基調講演には国立国会図書館長で情報工学のパイオニアでもある長尾真先生にお越しいただきます。濃密な議論の中から、個々のトピックがどのようにつながっているのかを見出せるようなプログラムになっているのではないかと思います。

現在、すでに900名を超える事前登録をいただいております。
ウェブの現在を知るのと同時に、ここに集まる多様な人々のことを知る、そういった機会になればと願っています。

ご参加を心よりお待ちしています。

[編集部注:本シンポジウムへの参加はこちらからできる。]