shopkick
causeworld

これはお見事: お店に入っただけで(買わなくても)環境〜救貧活動などに寄付ができるCauseWorld

次の記事

[jp] Startup Weekend Tokyo:WubbleはiPhoneをヨガ・トレーナーに変身させる。

半年前にShopkickというスタートアップについて書いたとき(当時の名前はMOBshopだったが)、最終製品がどんなものになるのか、詳しいことはほとんど聞けなかったが、シリコンバレーの一流投資家たち…Kleiner Perkins Caufield & ByersReid Hoffman…が投資していることが印象に残った。

CEOのCyriac Roedingは、2010年に立ち上げるShopkickについてこう言うだろう: モバイルフォーン(携帯電話)と物理的なショッピング世界とのあいだにあるギャップに橋渡しをする、と。

そのShopkick社が今日(米国時間12/23)、CauseWorld*というものを立ち上げる。それは、“お店へ行くだけで一日一善ができる初のモバイルアプリケーション”だ。このアプリケーションは今日おそくに、iPhoneのApp Storeで入手できる。Androidはもうすぐ、そしていずれ、そのほかの機種用も出る。〔*: causeは‘大義’と訳されるが、なにか立派な主義主張や思想、それに基づく運動や活動のこと。たとえば、『先進国が率先して核廃棄を』。〕

ユーザがお店へ行ってCauseWorldにチェックインすると“カルマポイント(karma points”という得点をもらえる。お店で買い物をする必要はなく、カルマポイントは9つの非営利活動への寄付になる。CauseWorldの会員企業であるKraft FoodsCitiなどの一流大企業が、カルマをドルに換えて実際の寄付をする。9つの中には、飢餓救済、スーダンの水支援、アマゾン流域の森林保護、などなどの活動がある。

その仕組みはこうだ: まず、FoursquareやGowallaのように、近くのお店を教えてくれる(ただしチェックインするとカルマがもらえる店だけ)。お店に入って、チェックインして、カルマポイントをもらう。カルマがたくさんたまったら、それをいろんな活動に寄付できる。そうすると、ごほうびのバッジをもらえる。


KraftとCitiはCauseWorldの最初のテスト期間中に50万ドルを寄付するが、寄付をする会員企業は今後もっと増えるそうだ。今のところは、客足が増えるお店側は一銭も払わない。入客数はShopkickがお店に教えるのだろう。現実世界では、店のタイプにもよるが、入客数の25%から90%が実客になる(現実世界ではコンバージョン(conversion, 見る人が買う人に換わること)というWeb業界用語は使わない)。25から90と、実客率の幅が大きいのは、たとえば、夜の7〜11時にスーパーへ来る人でひやかしはほとんどいないが、Best Buyならひやかしも多い、ということ。

CauseWorldの慈善目的はリッパだが、ビジネスプランもなかなか頭がいいね。人が、わざわざそのお店に入る、ちょっとした動機になるからね。ぼくがGapやNordstromsの経営者なら、このいわば見込み客作りサービスに対して、今からでも金を払うよ。そうだ!、ぼくならカルマポイントを大量に買い上げて、本誌主催のイベントのときなんかの景品にするね。

しかもうまくできてるのは、有名大企業は慈善活動などへの寄付を企業イメージ作戦の一環として必ずやっていること。そのための専門の部署まである。寄付を一般世間に知らせるための広告出稿量も多い。最初からこれに飛びついたCitiとKraftも、すごいエライよなー。

下のビデオは先週Cyriacにインタビューしたときのだ:

[原文へ]
[米TechCrunch最新記事サムネイル集]

(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))

“これはお見事: お店に入っただけで(買わなくても)環境〜救貧活動などに寄付ができるCauseWorld” への7件のフィードバック

  1. […] ソーシャルメディア、もっと幅広くIT分野と言っても良いでしょう、そうした分野と社会貢献はかなり相性がよいです。例えばKiva、FacebookのCausesアプリ、iPhoneアプリのCauseWorldなど、ITと社会貢献のコラボレーションは数多くあります。海外のNPOはかなり積極的にソーシャルメディアを用いて、たくさんの人々と繋がりながら、効率的に活動しています。そこら辺のお話は以前書いたFORGEのセミナーレポートをご覧いただければ、彼らがどれだけ進んでいるかが良く分かるかと思います。 […]

  2. ecogroove より:

    お店に入るだけで寄付ができるITサービス…

    ハイチの地震のための寄付が、 ネットを通じていろいろ できるようになっていますね。 思いがあればカンタンに寄付ができる。 そんな時代なんですね。 そんなITをつかった寄付が、 さらに進化しました。…

  3. […] これまでの企業が行うコーズ・マーケティングの在り方とは大きく異なる、 そしてさらには、エンドユーザ側も参加企業側も、気軽に関与が促進される、 素晴らしい仕組みを持ったプロジェクトが立ち上がりました。 米国のベンチャー企業Shopkick社が新たに立ち上げた、iPhone/Android向けアプリ「CauseWorld」です。 そのアプリ内容は、 ユーザはただお店に入るだけで(買わなくても)環境〜救貧活動などへ寄付する事ができる、という モバイルアプリ側で持つチェックイン&ポイント付与機能を、「寄付」という形で還元していく というものです。 具体的には、 ユーザがShopkick社と提携しているお店へ行き、CauseWorldへチェックインすると、 「カルマポイント」と呼ばれるポイントが付与されます。 そのカルマが一定以上たまった時点で、9つの非営利活動へ寄付が出来、 その印に、募金した活動の内容によってデザインが異なる、仮想「バッジ」が ユーザはもらえるという仕組みです。 さらに、取得したバッジは、Facebookなどの外部ソーシャルメディアを通じ、 友達へ見せることも出来、もちろん、CauseWorldのWebサイトにも反映されていきます。 類似する考え方は、Facebookでも既に多くの試みがなされていますが、 (例えば、仮想アイテムを購入することで募金活動に参加できるような在り方) 「Foursquareが寄付活動となって帰結する版」 とでも呼べるような、日常行動の延長上で関与できる仕組みを提供する着想は、 本当に素晴らしいと思います。 さらに秀逸なのは、参加企業にとっても敷居が低いという点でしょう。 来店動機を与えながらも、社会・環境貢献へも結びついているという、 まさに、2つ以上の問題を一挙に解決するツールと成り得ているからです。 このプロジェクトは、素晴らしいツールの活かし方だと思いました。 恐らく類似するツールは、今後日本でも表われるように思えます。 その動きにも今後期待したいと思います。 “CauseWorld app” ※クリックするとiTunesが立ち上がります(米国のみ対応)。 Via : TechCrunch japan […]

  4. Gentle Guest より:

    This is the same application I saw in another blog. Anyway, I heard that this application is really useful. Thanks for sharing 😉

  5. Gentle Guest より:

    This is the same application I saw in another blog. Anyway, I heard that
    this application is really useful. Thanks for sharing 😉Citibank Aadvantage

  6. Gentle Guest より:

    This is the same application I saw in another blog. Anyway, I heard that
    this application is really useful. Thanks for sharing 😉Citibank Aadvantage

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中