Apple

Apple、iWorkを本格クラウドコンピューティング環境として拡充か?

次の記事

Googleの新検索エンジン Caffeine、新年から全面稼働へ―表示結果はニュース寄りになる

Appleは1年前からiWork.comをベータ版として公開している。iWork.comというのはオンラインでオフィスアプリケーションを利用するためのワークプレイスだ。但しオンライン独自の機能という面では、閲覧とコメントを付けることしかできず、Google DocsやOffice 10と比べると見劣りがする。しかし求人情報によれば、どうやらAppleはiWorkを本格的なクラウドコラボレーションツールとして育てていくつもりのようだ。

募集記事は12月22日からCrunchBoardに掲載されている。iWork開発チームにてJavaスクリプトを活用したインターネットアプリケーションを開発するために、「コア開発チームに参加する」、「デザインから開発までを担当する」中堅開発者を募集している。

生産性ツール(iWork)開発チームにて、スケーラブルなインターネットアプリケーションを開発するため、エネルギッシュでモチベーションの高いソフトウェアエンジニアを募集しています。コア開発チームに属し、システムのデザインから開発までを担当していただきます。

高度なプログラミングスキルとソフトウェア開発技術に加え、以下のいずれかにおいて専門的知識を持つ人ないし経験者を募集しています。

・JavaScript言語およびブラウザ技術の専門家 - 内部的実装知識を含む

・コンピュータグラフィックの専門家 - 数学ないしアルゴリズムとその実装
・インターネット上で利用するスケーラブルでリッチインタフェースを備えたアプリケーション開発の経験者
・プレゼンテーション/コラボレーション、ないしワードプロセッシングアプリケーションの開発経験者

コンピュータサイエンスもしくは電子工学の分野で理学士以上の資格を要件といたします。

Appleは常に求人情報を掲載してはいる。しかしアプリケーション開発言語および設計から開発までを行うという点が、いつもの募集内容とは異なっているようだ。既存開発チームの追加要員の募集ではなく、新たな開発チームを結成しようとしているように思われる。新規プロジェクトの遂行にあたって、外部の知識を取り入れようとしているのだろう。
応募してみようとお考えの方はこちらからエントリーできるようになっている。

原文へ

(翻訳:Maeda, H)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中