[jp] 口コミが人の動きを作り出す!スポットにつぶやくTwitterクライアント・ランブリン

次の記事

Nexus OneとQuattroで、AppleとGoogleは一触即発

its_banner_c4_900x530

位置と情報を繋げるウェブサービスはFoursquareを筆頭にBright Kiteloopt(日本国内では使えない)iPhoneのTwitterクライアントに付いているNearby(近くのユーザーを探す機能)など爆発的に増えている。そしてここに国産の新しいプレーヤーが誕生した。以前関心空間が東京Campで紹介してくれたサービスランブリンだ。

例えば自分が新しい場所に行ったとしよう。たまたまお昼に食事したお店が気に入って、iPhoneを使っているTwitterユーザーがちょっとした感想をつぶやきたくなった時、ランブリンをTwitterクライアントとして使っていれば、その時の場所とつぶやきをセットにして残すことができる。

多くの場合、こういう感想は自分の記録というよりは友人や知人に対するメッセージであることが多い。開発プロデューサーの今井氏は「今ここで起こった体験をリアルタイムに伝える仕組みを作るのであれば、ショートメッセージサービスのTwitterをリスペクトしたものにしたかった。」と語る。独自のプラットホームを作ることも考えたが、スケールがしやすい面で最終的にTwitterそのものをプラットホームとして選択したそうだ。

AppStore_SpotWithTweet

AppStore_Compass

また、彼らのこだわりに「位置と場所」の違いがある。

ランブリンには「ガイド」というメニューがある。近隣のスポット情報が閲覧可能で、カテゴリによる検索結果からMapの表示までおこなってくれる。「位置、つまり緯度と経度にはストーリーがない。場所やスポットにはそこに集まる人や物など、新しい体験が生まれる。だからランブリンはスポットにこだわった。」と同氏。スポットのデータは関心空間のデータや外部のAPIから供給、さらにユーザーによる登録も可能で、このあたりをCGM的なアプローチでカバーしようとしている。

ここで重要なポイントが検索だ。彼らはそこでも「位置」をうまく使った検索方法、ロケーションフィルタリングの仕組みを提案している。例えばiPhone3GSに搭載されているコンパスを使って行きたい方向でスポット情報をフィルタリングしてみたり、お気に入りのソート順を位置情報に基づいて変更したりしている。ガイド情報からロケーションフィルタリングで絞り込み、その場所につぶやく様子をデモしてもらった。

ビジネスモデルについて「ランブリンはビジネスモデルからの組み立てをしていない。まずは自分たちが使いたいものを作ろう、と。」とは代表の宮田氏。「超狭小エリアで生まれる体験や関係性、例えばお店のオーナーのつぶやきが人を呼ぶような関係性を数多く創り出すことが大切と考えている。」スポットやエリアでの”関係性”が創り出せれば、その経験をまるごとソリューションとして提供するなど、色々な方向性を模索したいそうだ。狭小エリアでのビジネスはTechCrunch50の昨年のWinner、redbeaconが記憶に新しい。

海外への展開についても、「使用は現在も問題ないのだが、重要なスポットのデータが少ない。このデータマネジメントがまだ試行錯誤の状態なので、パートナーなのか、その他の方法が見つかれば考えたい。」と同氏。

2006年の誕生から日本の首相が使い始めるまでに広がったTwitterだが、関連するサービスのほとんどは海外製だ。実はランブリンは国産のTwitterクライアントとしても使いやすい一面を持っている。例えば「@mention」といわれている返答の形式も「@あなた宛」としてみたり、ちょっとしたところで工夫をしているのが日本人にとって使いやすい。

もちろん動きが遅かったり、使い勝手の面でまだまだ既存のクライアントに追いついていない箇所は多数ある。昨年の年末にリリースされたばかりであることを考えて、これからのアップデートに期待したい。

“[jp] 口コミが人の動きを作り出す!スポットにつぶやくTwitterクライアント・ランブリン” への2件のフィードバック

  1. […] 一見するとfoursquareやGowallaそしてランブリンなど、iPhoneとTwitter・facebook連携の位置系サービスに比べ、非常に日本的なローカル色の強いサービスだが、実は非常にグローバルなアイデアと視点で作られていた。 […]

  2. […] 国産Twitterクライアントとして「場所(スポット)」を組み込んだ独自のポジションを持っているのがランブリンだ。以前のバージョンではスポットにつぶやくなど興味深い機能を付加する一方、Twitterクライアントとしての機能に物足りなさがあったが、今回参加してくれたVer.2.0ではTwitterクライアントとしての機能が大幅にアップデートされていた。 […]

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中