gdrive
GDocs

長年噂のGoogleのGDriveやっとローンチへ―ただしGDriveとは呼ばないように

次の記事

Googleがスマートフォン戦争に勝つ理由―Androidがデファクト・スタンダードとなる日は近い

これはGDriveではありません」 と言いながらGoogle Docsのプロダクト・マネージャーのVijay Bangaruが見せてくれた機能は長年噂になってきたGDriveにそっくりだった。

どこがちがうんだい?」と私は尋ねてみた。

それは説明が難しいです。GDriveというのは存在しませんから」とVijay。

もっともだ。名前はさておき、ユーザーは近々どんなタイプのファイルでもGoogle Docsにアップロードできるようになる。今までアップロードできるのはテキスト・ファイル、Officeフォーマットのファイルなど10種類くらいしかなかった。今後はビデオ、音声、、画像、ZIPファイルもすべてアップロード可能になる。制限は1ファイル250MB以下という点だけだ。新機能はここ数週間かけて全ユーザーに公開されるという。

アップロードされたファイルは従来のGoogle docsファイルと同様、非公開、一般公開、相手を指定して共有のいずれかを選択することができる。Google Viewerでビデオ以外の大抵のファイルを閲覧することができる。

通常のユーザーには1GBの無料スペースが割り当てられる。それ以上必要な場合は$0.25/GBの料金を払う必要がある。企業ユーザーの料金はもっと高い。最低が5GB、$17/年だ。トラフィック量についての制限はない。無料だ。

サードパーティーのアプリ、すでに3種類登場

サードパーティー3社がGoogleと共同してこの新機能を利用した付加価値サービスを開発した。いちばん役に立ちそうなのはMemeoMemeo Connect だろう。これはデスクトップとGoogle Docsの間でファイルを同期させる。

Syncplicityは企業向けの自動バックアップとファイル管理のためのアプリ。Manymoonはオンライン・プロジェクト管理サービスだが、新しくGoogle Docsのファイル保管機能を取り込んだ。

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦/namekawa01

“長年噂のGoogleのGDriveやっとローンチへ―ただしGDriveとは呼ばないように” への7件のフィードバック

  1. […] コメントする » かねてより噂になってたGDrive -Googleによるオンラインストレージサービス- がとうとうローンチされるとTechCrunchが伝えた。ただし、GDriveって名前ではないみたいだ。 […]

  2. […] 長年噂のGoogleのGDriveやっとローンチへ―ただしGDriveとは呼ばないように. […]

  3. […] これは~すごすぎる! ブラウザ上でしか起動できない 『Google docs』 にどこか使いづらさや、データ損失の不安などを持っている方は多いのではないでしょうか?しかし、『memeo connect』のようなローカルアプリケーションが登場しだすと、事態は一転します。google docsがスーパーパワーアップ(gdriveとは呼ばないように)するわけですが、それをさらに強化してくれる最強アプリです。 […]

  4. […] The Official Google Blogの記事によると、ここ数週間あまりでこれまでGoogleのオンラインオフィスアプリ「Google Docs」に対して、どんな種類・形式のファイルでもGoogle Docsにアップロードすることができるようになり、どこからでもそれらアップロードしたファイルにアクセスできるようになるということが言われています。 従来、Google Docsには、スプレッドシート、ワード文章、プレゼンテーション文章といった限られた種類のファイルしかアップロードすることができませんでしたが、これからはその制限がなくなり何でもアップロードすることができるというのです。 まさに、Googleが提供するオンラインストレージサービスも兼ね備えた強力なオフィスツールへの進化ということになりそうですね。 ただ、今後追加されるオンラインストレージの容量が、デフォルトで1GBというのが若干少ない気がします。MicrosoftのSkyDriveのように25GBまでとは言わないですが、せめて10GBにするとか、Gmail、Picasaと共用できるストレージにするとかいろいろ方法はあったと思うのでその点に関しては若干不満が出ると思います。 さらに、保存容量を超えると、1GBごとに25セント(0.25$)で追加することができるようです。これを考えても、GmailやPicasaと共有できるストレージサービスであったほうがユーザとしては結構スッキリすると思うのですが・・・。 この件、『長年噂のGoogleのGDriveやっとローンチへ―ただしGDriveとは呼ばないように』・・・TechCrunch日本語版、に詳しく紹介されています。 […]

  5. […] 先週Googleが発表したのはGoogle Docsの新機能で、それはあえて言えば噂のGDriveに近いものだった: Google Docsのアカウントにどんなファイルでもアップロードできるのだ。Googleを初めてストレージサービスとして利用できるのだからすごいが、ただし保存できるのはドキュメントだけで、またそれらをシンク(sync, 同期化)するためのデスクトップクライアントは提供されていなかった。そのためにGoogleは数社のサードパーティと組んだ。そして今日(米国時間1/20)、そこからデスクトップシンククライアントMemeo Connectが生まれた。デスクトップからGoogle Docsのアカウントを管理でき、Google Docsのドキュメントにオフラインでアクセスして、自分のファイルを複数のコンピュータに対し簡単にシンクできる。 […]

  6. […] GDriveというのはクラウド上にファイルを保管するGoogleのストレージ・サービスのことだ。GDriveが最初に話題に上ったのは古く、2006年あたりだが、今年の1月になってやっと―ある意味で―実現した。つまりGoogleはGoogleドキュメントのアカウントに「どんな種類のファイルでもアップロード可能」とした。しかし同時にGoogleはそれはGDriveではない、と主張した。なぜならGDriveは存在しないから、というのだ。やれやれ。 […]

  7. […] ドキュメントにどんなファイルでもアップロードできる機能を追加したとき、われわれはMemeo […]

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中