Chrome For Macにようやくブックマーク管理機能搭載(スワイプ対応も面白い)

次の記事

音楽産業とマスメディアの次にインターネットが破壊するのは金融業界だ–ついに

Screen shot 2010-01-14 at 3.02.30 PMここ数週間、ウェブブラウザの浮気をやめて、ただひとつのウェブブラウザしか使っていない。使っているのはGoogle Chrome for Macだ。まだベータ版ではあるが、動作が素早く目立ったバグもない。これまで主要ブラウザとして使うには不満な点もあった。たとえば拡張機能がサポートされていなかった(Chromium版ではサポートされていた)。しかしついに一週間前からChrome for Macの開発者版の方では利用できるようになった。またブックマーク管理が行えないのも問題だったが、こちらもついに米国時間1月14日からサポートされるようになった。

14日に開発チャネル(dev channel)でリリースされたChrome for Macは4.0.295.0で、初めてブックマーク管理機能がサポートされた。これまではSafariからのインポートには対応していたものの、インポートしたものを管理する機能を持っていなかった。つまりブックマーク管理のためにSafariを使わざるを得ず、インポート後にChromeのブックマークを変更したくなればファイルシステムをいじってChromeのブックマークを削除してインポートし直すという作業が必要だった。今回Bookmark Managerが搭載されたことにより、ようやく必要な機能がすべて搭載されたということになる。未だフルスクリーンモードやアプリケーションショートカットの機能など未実装の機能もある。しかし日々の利用には十分なものになりつつあると言って良いだろう。

Googleは、今回のブックマーク管理機能の実装を間に合わせのものだとしているようではあるが、使ってみる限りでは必要十分な機能を備えているように思う。ドラッグ&ドロップ、コピー&ペースト、クリックエディットおよび削除機能は備えている。Other Bookmarksのところにあるものの編集ができないようだが、比較的マイナーな問題に過ぎないとも言える。

Bookmark Managerの投入と同時に、Chrome for Macのクラッシュ原因となっていたバグへの対応も進んだようだ。また新規タブをマルチタッチで開く機能も実装されていて、これはとても面白い。MacBookでコマンドキーを押しながら三本指でスワイプ(Magic Mouseを使っている場合は二本指スワイプ)すると、現在閲覧中のページの前ページないし次のページを新しいタブで開くことができる。前のページを新規タブで開くには、コマンドキーを押しながら左にスワイプする。次ページを開くにはコントロールキーを押しながら右にスワイプすれば良い。これはなかなか便利な機能だ。

念のために繰り返しておくと、ここに記した機能は今のところ開発チャネルにあるChrome for Macでのみサポートされているもので、こちらからダウンロードできる。こちらで追加された機能は近々ベータチャネルの方にも反映されるものと思われる。

原文へ

(翻訳:Maeda, H)

“Chrome For Macにようやくブックマーク管理機能搭載(スワイプ対応も面白い)” への2件のフィードバック

  1. 會澤賢一 より:

    Xmarksが動作すればなんの問題もないと思うのですが。私は検証用にSafari/Firefox/Google Chrome/Parallels Desktop上のIEとブックマークを共有できています。
    Xmarksが有効になった時点で、(事実有効です)問題はなくなりました。もちろんDevチャネルです。

  2. […] Chrome For Macにようやくブックマーク管理機能搭載(スワイプ対応も面白い) LINK:http://jp.techcrunch.com/archives/20100114chrome-for-mac-bookmarks/ […]

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中