Kindle Digital Text Platform

Amazon、Kindleのデジタル出版に新しく70%のロイヤルティ契約を用意

次の記事

ホワイトハウス、iPhoneアプリをローンチ―オバマ大統領の演説もライブストリーミング

Kindleデジタル書籍プラットフォームを世界中の著者が利用できるよう拡大したのに続いて、 Amazonは著者ないし出版社のロイヤルティを70%とする新しいオプションを導入することを発表した。これによって著者、出版社は売上から従来よりも高率の分配を受けることができるようになる。

Kindleでの書籍の売上1回ごとに、この新オプションを選択した著者・出版社は(新オプションによって現在のロイヤルティ契約が廃止されるわけではない)、売上高から配信コストを差し引いた額の70%を受け取ることができる。

Amazonによれば、新オプションは今年の6月30日から導入されるという。また当初はアメリカ国内で販売されるデジタル書籍にのみ適用される。

プレスリリースによると―

配信費用は$0.15/MBの割合でファイルサイズに基づいて算出される。現在、書籍のDTPファイルサイズの中央値は368KBなので、配信費用は1冊毎に$0.06以下となるだろう。新オプションにより著者、出版社は従来より多くの収入を得ることができる。たとえば、$8.99の書籍の著者の受け取るロイヤルティは従来の$3.15から$6.25に増加する。

Kindleコンテンツ担当副社長のRuss Grandinettiは、「現在、多くの著者は印刷書籍の場合で定価の7%から15%、デジタル版の場合25%程度の印税の支払いを受けている」と述べた。

新オプションが著者、出版社にとって有利なのはいうまでもないが、適用を受けるためには、現在のデジタル出版契約による条件の他に、以下のとおりいくつか新たな条件が課せられる。

– 販売価格$2.99以上$9.99以下でなければならない。
– デジタル版の販売価格はあらゆる印刷版の価格をすくなくとも20%下まわっていなければならない。
– 著者、出版社が出版の権利を有するすべての国と地域で販売されなければならない。
– デジタル版はテキスト読み上げ機能をサポートするなどKindleストアが要求する仕様でなければならない。
– この新オプションが適用される場合には、Kindle版の販売価格は印刷版を含むあらゆる版の販売価格を下回っていなけれならない。

最後の項目の処理を容易にするため、Amazonは他の版の最低価格が変動した場合Kindle版の価格を自動的に引き下げるツールを提供するとしている。70%のロイヤルティーは当然この引き下げられた新価格を元に計算される。

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦/namekawa01