YouTubeが一部のビデオでHTML5をサポート

次の記事

Google、モバイル広告を(アプリのダウンロードリンクも)デバイス別にターゲット可能に

これまでHTML5は、未来のすばらしい機能という話でもちきりだったが、有力サイトの中で、技術的なデモ以外で実際にHTML5の機能を実装したところは多くない。今日(米国時間1/20)YouTubeは一歩前進して、ユーザに実際にHTML5によるWebの閲覧を体験させてくれる。一部のビデオを、プラグインなしで、HTML5のビデオ/オーディオ再生機能を使って視聴できるのだ。もちろんHTML5がなくてもビデオは見れるが、Flashなしでビデオを見てみたいと思っている人はそれができる。その機能は、YouTubeのTestTubeというところへ行ってonにする。ただし今のところHTML5の機能を実装しているブラウザはChrome、Safari、IE上のChromeFrameだけだから、このどれかを使うこと。なおこの機能はまだ実験段階なので、使えるようになるまで1〜2時間待たされることもある。

しかも残念ながら、全部のビデオには対応していない。収益化(広告入り)してなくて、注釈のないやつのみだ(YouTubeのHTML5対応プレーヤーはオーバレイをサポートしていないのだな)。でも、まあ、あのFlashべったりのサイトにしては大快挙だ。本体のGoogleがオープンスタンダード志向だから当然かもしれないが、なにしろさっさと早くやるのは偉いね。

もちろんHTML5だからと言ってビデオの‘見心地’に変わりがあるわけではない。というより、今はFlashなしでビデオを見てるんだと意識しないだろう(しかも右クリックするといつものFlashの制御メニューが出る)。ぼくはMacのChromeのdevバージョンで見たが、プレーヤーはほぼ完調だがFullscreenボタンと音量調節スライダーがややおかしい。

画像提供: Justinsomnia

[原文へ]
[米TechCrunch最新記事サムネイル集]

(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))

“YouTubeが一部のビデオでHTML5をサポート” への7件のフィードバック

  1. hidepon より:

    試してみましたが、HTML5版だとMacでもGPUアクセラレーションの恩恵が受けられますね!!(FlashのMac版はまだGPU支援サポートしてないので)

  2. […] YouTubeが一部のビデオでHTML5をサポート Windows 7で背景を単色画像にしていると起動が30秒遅くなる?! […]

  3. […] YouTubeが一部のビデオでHTML5をサポート Windows 7で背景を単色画像にしていると起動が30秒遅くなる?! […]

  4. […] Steve Jobsがこうしろと言ったことは、だいたいみんながすぐに従う。iPadがFlashをサポートしないと いう彼の決定は、一時は不 平不満の大騒動を巻き起こしたが、今ではほとんど沈静化している。少なくともビデオに関しては、BrightcoveやOoyalaな どオンラインビデオのメジャーなサイトの多くが、iPadのブラウザでHTML5による再生をサポートしている。YouTubeも、そのうち右へなら えするだろう。 […]

  5. […] すでにYouTubeやBrightcoveほか多数がHTML5の波に乗っている。これを支えるH.264と新しいGoogleが推すWebMとの間で未だに標準化戦争が続いている(ちょうど今日、GoogleがChromeのWebMサポートを開始したところ)。 […]

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中