AppleがiPadを発表―目玉はiBooks、価格は$500から$830

次の記事

[CG]iPadのデモビデオ

今日(米国時間1/27)、Steve Jobsは長らく噂になっていたAppleのタブレットPCを発表した(われわれのライブ・ブログはこちら)。名称はiPadだった。JobsはiPadをノートパソコンとスマートフォンの中間のデバイスと位置づけた。主な利用分野は、ウェブの閲覧、メール、写真の共有、ビデオの再生、ゲーム、デジタル書籍などだ。現在iPhoneで作動するアプリはすべてiPadで作動する。加えて、新しいゲームとデジタル書籍の機能が付加された。今日発表された最新バージョンのiPhone SDKではiPhoneとiPadの双方がサポートされる。

スペックの概要:ディスプレイは9.7インチ、重量は1.5ポンド(680g)、厚さは0.5インチ(12.7mm)だ。 CPUは Appleが新しく独自開発した1GHz A4で、メモリは16Gbから64GBまで。さらにWiFi、加速度計、GPS、マイクロフォンとスピーカーが標準で内蔵される。 モニタは全面マルチタッチ静電容量スクリーンだ。バッテリーの駆動時間はいちおう10時間とされている。WiFiに加えて、3G接続がAT&Tから提供される。Wifiのみ、16GBのバージョンは$499。32GB版は$599、64GB版は$699となる。ATTが提供する3Gネットワークに接続できるモデルは$829(64GB版)。AT&Tとのデータ通信契約は、月250MBまでが$14.9、無制限定額は月$29.99。3GiPadはすべてアンロック版だ。つまりATT以外の他のキャリヤでも利用できる。

iPadのステージ上のデモでは、Appleはデジタル書籍リーダーの能力の紹介に力を入れていた。iPadにはiBooksと呼ばれる新しいアプリが用意されており、、コンテンツのチャンネルとしてはiBooksストアがオープンする。Appleは5社の大手出版社と提携し、iBooksストアから販売する。Jobsは「Amazonはこの分野でパイオニアとして偉大な業績をあげた。われわれはその肩の上に立ってさらに先に進む〔アイザック・ニュートンの言葉の引用〕」とJobsは述べた。iBooksは電子出版の標準規格のひとつ、ePubフォーマットをサポートする。指でページをめくることができ、写真、ビデオなどをエンベッドすることができる。最初に提供される電子書籍の価格は$14.99となるという。

これでiPadの主要なターゲット分野の1つが読書であることが明らかになった。New York TimesのMartin Nisenholtzが登場して、iPadアプリをデモしたが、現在iPhoneで作動するNYTアプリの拡大、美麗版に見えた。「iPadは次世代ジャーナリズムを実現する」とNisenholtzは宣言した。その点についても今後に注目。

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦/namekawa01