Google、ブロードバンド事業の実験開始へ―1GBPSの高速光回線を5万世帯以上に提供

次の記事

New York Times、第4四半期の広告収入持ち直す

Googleがブロードバンド接続ビジネスに参入する。Googleは独自に開発した光ファイバーネットワークを少なくとも5万世帯に実験的に提供することを計画している。提供世帯数は最大50万世帯に上る可能性がある。この光ネットワークの速度は1GBPS(ギガビット毎秒)で、現在アメリカで家庭に提供されている光回線の20倍だ。Googleはブログで次のように書いている。

われわれはアメリカで1GBPSというウルトラ高速光ブロードバンド・ネットワークを構築し、実験的に少数の家庭に提供しようと計画している。これは現在アメリカで提供されている平均的な家庭向けブロードバンド接続よりも100倍速い。他の商用サービスと比較して充分競争力のある料金を考えている。提供の件数は少なくとも5万、最大50万まで拡大される可能性がある。

この実験的サービスは有料で、他のサービスと同程度の料金となるようだ。しかもはるかに速い。Googleはこのプロジェクトの目的を「こうした高速回線でなければ充分に活用できない家庭向けキラーアプリの実験に加えて、ブロードバンド・サービス業界全体に対してよりオープンなアクセス環境を実現するよう圧力をかけること」としている。VerizonとComcastには脅威だろう。Googleはアメリカ政府の推進している全国的ブロードバンド接続普及推進計画を支持しており、今回のプロジェクトもその一助となると考えている。この実験に参加してサービスの提供を受けることに興味のある自治体はこちらで申込みを受付ている

Googleはキャリヤが敷設したまま未使用になっている光回線を大量に買収して保有している。その目的は世界各地の自社データセンターを高速で接続して処理速度を上げること、YouTubeから毎月配信数十億本も配信されるビデオ動画による通信コストを節約することなどだ。今回Googleはこうした光基幹回線を家庭に接続する試みに初めて乗り出した。Googleのサービスにインターネット接続のプロバイダ機能が含まれるかどうかは明らかでないが、まずはGoogle検索とGmail、それにたぶんGoogle Voiceサービスがデフォールトで提供されるだろう。WiFi接続のAndroid携帯もセットで配布されるかもしれない。

[原文へ]