Gobi Partners
english
china
8dworld

英会話ブームの中国で子ども向け仮想世界を売る8D World, 国営テレビが採用で大ラッキー!

次の記事

モバイルのアクセス分析/ユーザ行動追跡を提供するMotallyが多機能なAPIをリリース

中国では今、英会話の学習が大きな市場になりつつある。全国に民間経営の英会話教室はおよそ5万あり、親は公立学校で英語の授業のある子どもたちをそういう教室に通わせている。英会話教室は、大都市だけでなく全国的に人気がある。国営テレビのCCTVには、American IdolはないけどStar of Outlook English Talent Competitionという番組があり、これはたぶん中国最大の全国的な英語力コンテストだ。昨年は6歳から14歳までの学童が40万人、この番組に出演した。

今年はこのコンペに仮想性を加えることになり、マサチュセッツ州の8D Worldがそのために起用された。8D Worldは、英語を勉強したい中国の子どもたちのためにWiz World Onlineという仮想世界を提供する。この無名のスタートアップの大抜擢によって今年のCCTVの英語コンテストは、教育訓練とコンペのための公式プラットホームとしてWiz World Onlineを使用することになった。各地方の予選段階でも使われるので、中国の何百万人もの視聴者に対して宣伝される。

プレーヤーは自分のアバターをもらい、マイクを使って言葉を正しく発音すると得点が上がる。音声認識や発音評価ソフトなどを使って、判定はすべてソフトウェアが行う。月額20ドルまたは年額160ドルという中国人にとっては高価と思われる有料会員制だが、しかし中国では年収700ドルに満たない親でも、子どもを英会話教室などに通わせている。また8D Worldはおよそ1500のそういう教室と提携してWiz Worldの会員アカウントを再販し、マージンを得ている。

CCTVのコンテストに参加する学童は、コンペそのものではWiz World Onlineの会費を払う必要がないが、事前に練習しようと思ったら自腹を切ることになる。この英語学習用の仮想世界は、今後ほかの言葉にも応用されるようだ。英語の次はたぶん韓国語、そのあとスペイン語、ポルトガル語、ロシア語となるだろう。

8D Worldは2008年3月にSpark CapitalとGobi Partnersから$7M(700万ドル)の資金を調達した。

[原文へ]
[米TechCrunch最新記事サムネイル集]

(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))