レポート:モバイル位置情報サービスは2014年までに$12.7Bの市場を構築する見込み

次の記事

[jp] レポート Startup Meeting vol.2 黒船上陸前夜〜日本から眺めるソーシャルアプリの未来〜

携帯電話をとりまく世界が急速に進化してきている。ハードウェアおよびソフトウェアの両面での進歩、大量のアプリケーションの投入、高速ネットワークの普及などに加え、新たに位置情報サービスも普及し始めており、2014年までには$12.7B(127億ドル)の経済規模に成長する見通しだとのことだ。この予測はリリースされたばかりのJuniper Researchによるレポートのもの。

携帯位置情報サービス(Mobile Location Based Service : MLBS)は2000年から2007年の間には注目されつつもサービスが軌道に乗ることはなかったが、携帯電話のUIが進化して多種多様なアプリケーションが投入されるようになり、これによってサービスプロバイダの側もさまざまな位置情報サービスを提供するようになってきている。

利用者は極東の中国でここ数年のうちに急増することとなるだろうが、収益基盤を構築するのは西欧諸国になるだろうとの予測もJuniperのレポートに記されている。

アプリケーションストア等で販売されるアプリケーションだけでなく、そうしたアプリケーションに組み込まれるモバイル広告も収益源として期待されている。レポートによれば、今後5年のうちにMLBS関連の広告が一定のシェアを確立するだろうとのこと。

レポート執筆者のひとりであるDr. Windsor Holdenの言葉を引いておく。

位置情報関連アプリケーションには、メーカーや小売業者も非常に大きな関心を寄せている。こうしたサービスを通じて企業は消費者に製品に関する情報提供を行いながら、直接自社製品を扱う販売店に足を向けさせることができるようになるのだ。こういったサービスでモバイルクーポンや割引券の提供を行うことにより、消費者に対しての情報提供および購入インセンティブを与えることができるようになる。これは消費者にとっても非常に魅力的なサービスとなる。

Google、Facebook、あるいはNokiaなどの巨大企業のみでなく、FoursquareGowallaaka-akiLooptRummbleなど膨大な数のスタートアップも、この分野に大きな期待を寄せている。

原文へ

(翻訳:Maeda, H)

“レポート:モバイル位置情報サービスは2014年までに$12.7Bの市場を構築する見込み” への5件のフィードバック

  1. Reader より:

    タイトルはMではなくBではないでしょうか。オーダーが1000倍違うので修正した方が良いと思います。

  2. maeda より:

    すみません、Twitterでもご指摘いただいていて修正いたしました。ご指摘ありがとうございます。 – Maeda, H.

  3. […] レポート:モバイル位置情報サービスは2014年までに$12.7Bの市場を構築する… 携帯位置情報サービス(Mobile Location Based Service : […]

  4. […] この特典がfoursquareなどのチェックイン動機に繫がっている。アプリ内広告などの収益と合わせてモバイル位置情報系サービスが2014年までに$12.4B(124億ドル)の市場規模に成長するという予測レポートも存在するほど期待が大きい。 […]

  5. […] レポート:モバイル位置情報サービスは2014年までに$12.7Bの市場を構築する… 携帯位置情報サービス(Mobile Location Based Service : MLBS)は2000年から2007年の間には注目されつつもサービスが軌道に乗ることはなかったが、携帯電話のUIが進化して多種多様なアプリケーションが投入されるようになり、これによってサービスプロバイダの側もさまざまな位置情報サービスを提供するようになってきている。利用者は極東の中国でここ数年のうちに急増することとなるだろうが、収益基盤を構築するのは西欧諸国になるだろうとの予測もJuniperのレポートに記されている。アプリケーションストア等で販売されるアプリケーションだけでなく、そうしたアプリケーションに組み込まれるモバイル広告も収益源として期待されている。レポートによれば、今後5年のうちにMLBS関連の広告が一定のシェアを確立するだろうとのこと。 【速報】 米国モバイル位置情報アプリはすでに7000種超!そのアプリ・トレンドを調査する – In The Loop:斉藤徹 このモバイルベースの位置情報アプリケーション(米国では,LBS: Location Based Service もしくは LAA: Lacation Aware Apps などと言われ始めている)だが,Skyhook社最新データによると,現時点ですでに iPhoneアプリが6000超,Androidアプリが900超,BlackBerryアプリが300超とかなりのハイペースで増加している。 2つの記事からわかる通り、2010年はこの「位置情報」を使ったサービスが一気に増加した。その中でもスマートフォンの持つ人が増えたことにより容易にインターネットにアクセスできるように世の中のインフラが整ったこともポイントのひとつ。 今となっては、まったくのIT無知だった僕の彼女までiPhoneを保持している状態である。 そこに携帯電話の特性である「いつでも」「どこでも」+iPhoneアプリ「サービス」がマッチしてネットのリアル化がはじまっているというワケ。 PCの中だけでなく、リアルの世界で自分の行動で何かが起こったりとくしたり、つながったりする。 いよいよそんな時代がきたということ。 位置情報サービスは大きくわけて以下の4つに分類される。 1.コミュニティ系 さて,現在最大の注目株がこのコミュニティ系だ。草分け的は「BrightKite」で利用者も200万人いるが,メイヤー機能(その場所に最も訪問した人に与えられる称号)やバッジ機能(さまざまな行動に対して付与される称号)で急激に会員数を増やした「Foursquare」と,その対抗馬で仮想グッズが充実している「Gowalla」に注目が集まっている。 ただし最も成長しているのは最後発の「Mytown」で,利用者は昨年12月に開始されたサービスにもかかわらず利用者はFoursquareを遥かに上回る150万人に達したようだ。特徴はコミュニティとゲームの機能を兼ね備えていること,そのため仮想通貨を持っていることだ。場所にちなんで様々な仮想グッズを購入したり,それをレンタルで仮想通貨を稼げることから,リアル・モノポリー(不動産を売買するボード・ゲーム)とも呼ばれている。 位置情報ゲームのmyTownが150万ユーザーを獲得 (TechCrunch, 3/30) 2.ポータル系 レストラン等の施設検索では,米国カナダでは「yelp」,日本では「ぐるなび」や「食べログ」が著名だが,これらのサービスは既存サービスに位置情報を組み込んだ検索などを提供している。クチコミのコミュニティもあるが,核となっているはあくまでレストラン等の施設情報であり,そのポータル機能である点がコミュニティ系と異なっている。 3.ゲーム系 前述の「Mytown」もゲーム色の強いコミュニティだが,こちらは携帯アプリ,mixiアプリ,iPhoneアプリなどの本格的な位置対応ゲーム,いわゆる位置ゲーだ。最も典型的なのは「コロニーな生活☆プラス」,通称「コロプラ」で,地方店舗と結びついた新しいビジネスモデルが注目されている。 携帯ゲームが地方救う? 土産物に殺到「コロプラ現象」 (asahi.com,3/31) 4.AR系 「セカイカメラ」に誘引されるように世界的注目が集まったAR系位置情報サービスの中だが,最大のライバルは「Layar」だろう。「セカイカメラ」ではユーザー投稿のエアタグがメイン・コンテンツとなっているのに対して,「Layar」ではあくまで施設情報のエアタグがメインである点が異なる。そのため「Layar」ではリアルビュー(いわゆるエアタグがリアル映像に写りこむ)だけではなく,マップビューやリストビューがあり,実用性が高い。例えばリストビューで近隣のコンビニを検索し,そこまでの道順をマップビュー上で表示することができる。そのためiTunesStoreの最新バージョンにおけるユーザー評価でも「セカイカメラ」の2.54点に対して「Layar」は4.17点と遥かに満足度が高いようだ。 う~ん、位置情報を取得するだけで様々なリアル世界と結びつけたビジネスが中心になることは間違いない! […]

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中