Ellerdale
crowdeye
Collecta
Chainn Search

Twitter、リアルタイム検索スタートアップに消防ホースを開放

次の記事

Google Maps強大化の影響?:ソーシャルマップ関連のPlatial、サービスを間もなく停止予定

Twitterから流れ出るデータのすべてをアクセスするために、5万種類ものアプリがTwitterのストリーミングAPIを使っているが、そこにはさまざまな制約がある。しかし、選ばれた何社かはこの消防ホースから無制限にデータを飲み込んでいる。1日5000万件を越えるつぶやきがとめどなくTwitterから流れてくる。

これまで 消防ホースをフルに使用できていたのは、GoogleやBingなどの巨大検索エンジンをはじめとする一部の選ばれたパートナーだけだった。検索エンジンは、リアルタイムに結果を出すために他の誰よりもこれを必要としている。今日(米国時間偉3/1)から小規模な検索スタートアップも消防ホースを利用できることになった。EllerdaleCollectaKosmixScoopler, twazzupCrowdEye、Chainn Search(まだ開業していない)などだ。

12月のLe Webカンファレンスで、Twitterは消防ホースをもっともっと多くのデベロッパーに開放するという意向を表明した。これはその第一歩だ。

そしてTwitterは、Google、Bingなど裕福なパートナーからは消防ホースの利用料金をとっているが、スタートアップに対しては扱いを変え、有利な条件(無料も)で提供している。少なくともこれまではそうだ。上記各社は消防ホースを利用できる初めてのスタートアップというわけではないが、最後でもない。会社が一定の規模に達したら、それまで払っていなかったスタートアップも支払いを開始する。料金は規模に応じて変わるものと思われる。

写真出典:Flickr/ZeroOne

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi)