速報:Apple、セカイカメラを禁止―「Wi-Fiアクセスに問題がある」

次の記事

AP通信がライブストリームを採用―アカデミー賞のレッドカーペットをLivestreameから実況中継

最近Appleはさまざまな理由を設けてApp Storeのアプリケーションに対する締め付け強めている。今日Appleは東京のスタートアップTonchidotが開発したAR〔拡張現実〕アプリ、セカイカメラ(Sekai Camera)を突然App Storeから削除した。

セカイカメラは2008年のTechCrunch 50で印象的なデビューを飾ったが、iPhoneのカメラに映し出される現実の空間上にさまざまな情報(テキスト、写真、音声、ビデオなど)をタグとして表示する無料アプリだ。

セカイカメラはユーザーの位置をGPSによって決定し、付近にある対象物との距離を推測する。ここでAppleが問題にしたのは、GPS信号が得られないか弱い場合(建物や地下)に、セカイカメラが位置決定にPlaceEngineを使うことだった。このサービスはWi-Fi信号によってユーザーの位置を決定する。PlaceEngineのクライアントがデバイスにインストールされると、付近のアクセスポイントからWi-Fi信号を受信して情報をサーバに送り、そこでユーザーの位置が推定される。

PlaceEngineを提供しているKoozyt日本のウェブサイトで報告しているところによると、AppleはWi-Fiの利用法に関するルールを変えたようだ。セカイカメラばかりでなく、PlaceEngineを利用している多くのアプリ(iPhone版のYahoo!Mapsなど)が同時に禁止された。現時点では詳細はつかめていないが、Koozytでは何が問題となっているのかさらに調査中だとしている。

この奇妙な禁止についてThe Registerにも記事が掲載されている。

Tonchidot自身も TwitterででApp Storeの審査でSekai Camera version 2.1.1に問題があったことを認め、「すぐに2.2で復帰する」としている。おそらくPlaceEngineの利用を全面的に取りやめることになるのだろう。

現在日本でSekai Cameraはもっとも多くダウンロードされたiPhoneアプリだ。 またApple Japanによって昨年末に「2009年のベストアプリ」に選定されている。(セカイカメラは昨年12月に世界デビューを果たした)。

われわれはTonchidotにコメントを求めている。新たな情報が得られ次第、この記事をアップデートしたい。

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦/namekawa01

“速報:Apple、セカイカメラを禁止―「Wi-Fiアクセスに問題がある」” への10件のフィードバック

  1. […] ソニー、アップル対抗の「PS携帯」「ハイブリッドPSP」を開発中はてブ:7 速報:Apple、セカイカメラを禁止―「Wi-Fiアクセスに問題がある」 はてブ:17 404 Blog Not […]

  2. […] Part of admin's adventure in WEB 速報:Apple、セカイカメラを禁止―「Wi-Fiアクセスに問題がある」 […]

  3. […] [Apple、セカイカメラを禁止―「Wi-Fiアクセスに問題がある」 by TechCrunch] セカイカメラがappstoreから消えました。 あまり使っていなかったので気にはなりませんでしたけど、問題は削除されてしまう条件ですね。 TechCrunchさんの記事を引用しますと、、、 ここでAppleが問題にしたのは、GPS信号が得られないか弱い場合(建物や地下)に、セカイカメラが位置決定にPlaceEngineを使うことだった。このサービスはWi-Fi信号によってユーザーの位置を決定する。PlaceEngineのクライアントがデバイスにインストールされると、付近のアクセスポイントからWi-Fi信号を受信して情報をサーバに送り、そこでユーザーの位置が推定される。 […]

  4. […] の速報に速報:Apple、セカイカメラを禁止―「Wi-Fiアクセスに問題がある」という記事が掲載されています。どうやら位置情報に Wi-Fi を使用する […]

  5. […] 今現在はiPhoneベースで動くMLBSが脚光を浴びており、様々なアプリケーションが世に出て皆の注目を得ています。 foursquare SXSWにて:Foursquareは欠陥もあるが成功 – TechCrunch 業務提携先も増え、foursquareの収入は増加中 – TechCrunch Twitterの次はこれじゃね?今一番イケてる(と僕が思っている)『foursquare』について調べてみた – IDEA*IDEA まぁ日本で一番知られているのがこのfoursquareで、平たく言うと、ロケーションベースのリアルタイムSNSで、自分の現在位置情報に基づいて、自分のいるスポットや店舗でチェックインを行ってポイントを貯めていき、相互承認した友人が最近どこでチェックインしたかも分かるというものです。「初めて行った所でチェックインすると5ポイント」「今まで行ったことのある場所でチェックインすると1ポイント」など、ポイント獲得方法は多岐に渡り、新しい場所に行けば行くほど高得点をゲットできる、という仕組みです。 「最初のチェックインを達成した」「10ヵ所以上新しい場所に行った」「学校に夜中3時までいた」など、自分が何らかの行動を起こす度に”Badge”をゲットでき(ユーザーのアプリ利用モチベーションを維持する)、特定の場所に他のユーザーより多く行きポイントを稼ぎまくると、その場所の”Mayor”となることができる。チェックインした場所で自分のコメントやサービスの評価などを書き残せる”Tips”機能も搭載し、他ユーザーもアクセスが可能。 各スポット・店舗では、現実の企業情報が記されている他、TwitterやYelpなどの情報が紐付けされているので、アプリ価格は無料ですが、契約企業の宣伝・プロモーションがメインのビジネスモデルとして考えられるでしょう。「Mayorならドリンク1杯無料」「Mayerならランチ無料」といったリアル店舗とのコラボレーションが増えてきており、実店舗のポイントカードとfoursquareポイント交換システムを実施したり、ハーバード大学とも提携しキャンパスや周辺店舗の利用を促したり、様々な先進的な試みがなされています。 Gowalla 注目を集める位置連動ソーシャルアプリ「gowalla」のここがゴワラ凄い! – RealTimeWeb.jp GowallaがAppleストアで仮想プロダクトプレイスメントを実験中 – TechCrunch Gowallaは、自分の現在位置情報に基づいて自分のいるスポットや店舗でチェックインを行い称号(Pin)を獲得していく、街全体で”宝探し”の要素を持ったソーシャルゲームです。様々なスポットを巡っていき、“Discoverer”(50スポット訪れた)や”Hacker”(25のIT系ベンチャーを訪れた)といったPinをゲットすることができます。 前述foursquareと異なるのは、チェックインの時間制限が無い、シリアルナンバーが割り振られたバーチャルアイテムがあり他ユーザーとの交換(Swapping)が可能、知らない人や場所との出会いを重視しているという点。100種類以上のカテゴリに分けられた各スポットに訪れることでアイテムをランダムでゲットできたり交換できたりして、この交換したアイテムがどの友人の手を渡って今自分の手元にあるかということも分かったりします。またスポット新規登録機能でCGMとしてのローカル情報共有が可能(毎日1000件以上の新規スポット登録)で、自分の保有アイテムをスポットに置くと(最初10人までは)Founderになることができ、初期情報提示者への評価モデルを採用(eg, Yelp、食べログ)しています。 iPhone用グッズを販売するIncaseと提携、Appleストアでリアル製品とリンクした仮想プロダクトプレイスメントを実験するなど、バーチャルグッズ市場でのマネタイズを現在考案中とのこと。日本市場への進出も現在考えているようで、忠犬ハチ公像などの特別スポット画像然り、ユーザー発信でスポット情報も徐々に増えている状況です。Gowallaはアイテムコレクターの心をくすぐる様々な仕掛けがなされており(今後もその仕掛けは増えていくはず)、現実のスタンプラリーとコラボレーションさせたり全国各地のアーティストのライブイベントと連携させたり、様々な拡張プランがあり非常に高いポテンシャルを持っていると思っています。 MyTown 立ち上げわずか1か月のMyTownが話題先行のFoursqugareとGowallaを大きく引き離してユーザ数50万に到達 MyTown 2.0は位置対応ゲームの収益化の仕組みを強化 ライバルFoursquare・Gowallaを大きく突き放すユーザー数100万人を超えるロケーションベースのソーシャルゲーム(現実世界版モノポリー)がMyTownで、Foursquare・Gowallaよりはゲーム性が強いです。自分の現在位置情報に基づき、自分のいるスポットや店舗でチェックインを行いポイントやバーチャルマネーを貯めていって、その訪れたスポットや店舗はバーチャルで購入することができ、そうした不動産をどんどん購入・アップグレードしていくことでマイタウンを充実させていくことができます。ちなみに僕のMyTownは総評価額3億ドルを叩き出し、アプリ世界では不動産王です。 スポット・店舗へのチェックインによってポイントを貯めることができて、同時にバーチャルマネーや仮想アイテム(次回チェックイン時のバーチャルマネー進呈・ポイント10倍アップなど)を獲得でき、そのバーチャルマネーは保有不動産のレントなどで蓄積、他の不動産購入や仮装グッズでの買い物に利用することができます。各スポット・店舗では、現実の企業情報(住所や連絡先など)が記されている他、バーチャル不動産としての現在価値・統計情報、ユーザー順位・コメントなどが紐付けされています。アプリ内広告、仮想アイテム販売、契約企業とのプロモーション(今後有料化)がビジネスモデルとして挙げられており、ロケーション系アプリとしては非常に完成されつつあるバランスの良いビジネスモデルを構築出来そうだと思っています。 ここから考えるに、少なくともロケーションベースのWebアプリケーションを作る際に実装すべき機能として、 ・現在位置認識機能(GPS) ・位置・実店舗情報との連動(eg. チェックイン機能) ・ポイント・仮想通貨・称号などユーザーのスティッキネスを維持するフック ・Twitter/FacebookなどソーシャルWebサイトとの連動機能 が挙げられるでしょう。とはいえこのMLBS、特定の時間に特定の場所にチェックインしているからということで自宅に空き巣が入ったりすることもあるなど、現実世界とリンクしている分現実的なリスクが潜んでいてそれに対していかに上手く対応するかもこれからのサービス開発においてキーになってくるはずです。 やはり今の所のPotential Big PlayerはGoogleです。この市場の勢いに乗って、Google Mapsをプラットフォームとして様々な機能を搭載させる、もしくは新しいプロダクト(Google Check-InとかGoogle Whereとか)を作るなど、あれだけ大
    なリソースを抱えていればどの方向に進んでもそれなりの発展は見込めるはず。今のところはGoogle MapsのAPIを開放した上でサードパーティーが様々な位置情報関連サービスをビジュアライズさせるという段階に留まっていますが、コンテンツを持たない今までのGoogleから脱皮して本格的に開発を手掛けたり開発サポートツールを増やしたりすると、さらに市場発展が加速していくことでしょう(とはいえ時間がかかるかな?)。 ロケーションベースのWebサービスを作っていたDodgeball社買収したGoogleですが、その後サービスを放置し経営資源を十分に割かなかったことに苛立ったDodgeball社CEOは再度独立、それが現在のfoursquareとなるなど中々この分野でプレゼンスを発揮出来ていないGoogleですが、Tweetに位置情報を紐付けようとするTwitter然りリアルタイムメディアとして位置情報を逃したくないと考えるFacebookに負けないためにも、2010年は積極的な買収・新サービスローンチで市場を賑わしてくれると期待しています。 WiFiで位置情報を特定するPlaceEngineを利用しているSekaiCameraがAppStoreから締め出されるなど、まだまだ通信傍受や個人情報特定など問題は山積みですが、やはりスタートアップ企業が独自の切り口でプロダクトを創り出していくことで市場を大きくしていき世界をあっと言わせるだけのValueを生み出すことが最も大事なのかなとは思います。 Share this post! […]

  6. […] [311tweets] 速報:Apple、セカイカメラを禁止―「Wi-Fiアクセスに問題がある」 http://jp.techcrunch.com/archives/20100304tonchidot-sekai/ […]

  7. […] この夢の実現に頓智・は確実な歩みとチャレンジを重ねてきた。そして先日公開されたOpen Airと若干のトラブルを乗り越えてリリースされたVer.2.2。夢の実現にまた一歩近づいたセカイカメラはどのような変化を見せたのだろうか。本稿は3月4日に行われたBootStrap1.0のイベントレポートにVer.2.2のレビューを交えてお届けする。 […]

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

フォロー

新しい投稿をメールで受信しましょう。

現在399人フォロワーがいます。