簡単プロモーションビデオ作成サービスのAnimoto、APIを公開してエコシステム構築の動き

次の記事

Facebookが全米人気ナンバー1サイトに(Hitwise調べ)

TechCrunchではAnimotoというサービスが大人気だ。このサービスを使うと、音楽にあわせた写真やビデオを含むスライドショーを簡単に作成することができる。サービスは進化を続けており、直近にはiPhoneアプリケーションもリリースされている。またビデオを組み込む機能も昨年後半に追加されたものだ。Animotoのサービスをよく知らない人に少々説明しておこう。Animotoは、写真、ビデオ、音楽を投稿して、それらをマッシュアップして格好良いビデオを作ることのできるサービスだ。「格好良い」ビデオを作成できるのは、Animotoが音楽にあわせて画像をレンダリングしたり、表示の切り替えに種々のエフェクトを加える技術を持っているからだ。そのAnimotoがついにAPIの公開を行った。これによりAnimotoの内容を各自のサイト上に提供できるようになる。

Animoto Partner Platformで最初に公開されたAPIはAnimoto Quickstartというものだ。このAPIを使うことで、自分のサイト内にAnimotoのビデオ作成フローを搭載できる。Animotoとしては、写真、ビデオ、音楽などを扱うサイトで、自社サービスを広めてもらえるという狙いがある。QuickStartを使って写真、ビデオクリップ、音楽などの独自コンテンツを簡単にAnimotoに取り込んで、Animotoビデオの作成を開始することができるようになる。パートナー各自のサイトから簡単にAnimotoの機能が利用できるようになるわけだ。Animoto曰く、QuickStartの機能を使えば、ビデオスライドショーを作成する機能を数時間で自サイトに実装できるとのこと。

たとえば、プロの写真家たちが利用する写真共有サイトのSmugMugでは、掲載されている写真を簡単にAnimotoで処理できるようにQuickstartを利用している。サイトの利用者は掲載している写真を使って、簡単にスライドショーを作成することができるようになっている。Animotoで提供されている音楽と合わせてスライドショーを作成することもできる。写真を選んでスライドショーの作成を開始するとAnimotoのサイトに移動し、選んだ写真やビデオなどが自動的に配置されるという仕組みだ。

またAnimotoは、有名ミュージシャンであるJohn Bon Joviのプロモーションサイトも制作している。ファンの人は、Bonjoviのサイトで最新シングル曲やミュージックビデオの動画を使って、独自のミュージックビデオを制作することができる。ペプシもまたShareTheJoyキャンペーンでQuickstart APIを利用している。ここではスライドショーのコンテストが行われている。

SXSWではAPIの提供開始をアナウンスするとともに、音楽出版のSPIN magazineとの連携も行っている。SXSWに登場するバンドのプロモーションを作成するコンテストを行うのだ。このコンテストは3月31日まで行われ、SXSWに登場するバンドのプロモーションを作成して投稿する。最優秀作品には1000ドルが授与される他、Spin.comに掲載されるなど、他の賞品も用意されている。

現在のところ、Animotoは140万の利用者を抱え、有料サービスを利用する会員から利益をあげている。無料版では基本的に30秒のビデオしか作成できず、より長いものを作成する場合には1本あたり3ドルの費用がかかる。また年間会員の制度もあり、会費は30ドルとなっている。さらに企業ユーザ向けには年間250ドルのパッケージも販売していて、このパッケージでは独自ブランドのビデオを作成することができる。そして作成したビデオをダウンロードし、CDなどに掲載することもできるようになっている(このビデオにはAnimotoのロゴも表示されない)。CEOのBrad Jeffersonによれば、利用者の10%(すなわち14万人ということになる)が、何らかの有料サービスを利用しているとのことだ。Animotoは既にキャッシュフローがプラスとなっており、これは創立3年にもならない企業としてはなかなかのものだ。

お金の話を続けると、AnimotoのAPIは無料で利用できる。むしろAnimotoの方がアフィリエイトフィーのようなものを提供している。ユーザーサイトのAPIを利用してAnimotoにアクセスし、そこで有料登録を行った場合、そのサイトの所有者がコンシューマ会員になる場合には年会費の40%カットし、プロフェッショナル会員を希望する場合には50ドル分の減額を行っている。

今回のQuickstart APIは、Animotoが他サイトに対して提供する一連のAPIの第一号となるものではないかと思われる。流れとしては面白い方向だと思う。多くの写真共有サイトがスライドショーの機能などを持っているが、Animotoのものほど面白く、かつ簡単なものはない。またブランドマーケッターがキャンペーンなどで使うにも最適なツールということができる。率直にいって、Animotoには無限の可能性があるように思う。なにしろ使い勝手が素晴らしいのだ。

原文へ

(翻訳:Maeda, H)

“簡単プロモーションビデオ作成サービスのAnimoto、APIを公開してエコシステム構築の動き” への3件のフィードバック

  1. music directory より:

    独自の動画が作れるAnimotoやってみた…

    誰でも簡単にハイスペックな動画が作れるAnimotoやってみた Create your own video slideshow at animoto.com. iPhoneでも無料で利用可能なAnimoto 音楽にあわせた写真やビデオを含むスライドショーを簡単に作成することができる。 TechCrunchさんで紹介されていたので早速やってみた。 試しにアカウントを作成してみると、有料会員への導線はしっかりしているものの、まずそのflash技術に驚くだろう。音楽や写真素材も揃っているので、数枚の写真し…

  2. Evilporn1 より:

    $30plusアップグレードしようとしても画面が真っ白になって左上にunacceptable accept typeとなるだけでどうしようもありません。
    解決方法をお分りになりますか?

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中