Google、YouTubeのFlashオーバーレイ広告作成を自動化

次の記事

京都のQuestetraはビジネス・プロセスの管理を助ける―Google Appsもサポート

GoogleはYouTubeの黒字化を目指して懸命の努力を続けている。何十億というビデオに対して広告出稿が少しでも増えそうな手段ならなんでも試しているようだ。今度はYouTubeのビデオにオーバーレイして表示されるFlashビデオ広告の作成の自動化を始めた。

Google AdWordsのセルフサービスのDisplay Ad BuilderにFlashオーバーレイ広告の作成機能が加わった。これで個人や零細企業でもウェブサイトにバナー広告を出すのと同じくらい手軽にYouTubeのビデオ上に広告を掲載することができるようになった。

YouTubeなどのソーシャル・ビデオ・サイトでオーバーレイ広告が掲出されるようになったのはすでに大分前のことだが、 YouTubeはオーバーレイ広告の表示に関して少しずつ改良を重ねてきた。しかしこれまでFlashのオーバーレイ広告を制作するのは、Google AdWordsの主要顧客である小規模事業者にとっては敷居が高かった。今回、バナー広告と同様にテンプレートから簡単にオーバーレイ広告が作れるようになった。

昨年10月現在で、YouTubeでのビデオ広告の表示は毎週10億回以上となっていた。これは全ビデオ再生回数の約7分の1にあたる。YouTubeではもちろんすべてのビデオについて大小さまざまな広告主からの出稿を望んでいる。今回のFlashオーバーレイ作成の自動化はそれに向けた努力の一つだ。

しかし、一方であまりに広告が増えるとユーザーの忍耐が尽きる危険性もある。現在でもYouTubeに行くたびにポップアップやオーバーレイがしつこく表示されるが、私の印象では大半がビデオの内容と無関係だ。YouTubeを広告で氾濫させれば金にはなるだろうが、ユーザーとしてはありがたくない方向だ。

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦/namekawa01

“Google、YouTubeのFlashオーバーレイ広告作成を自動化” への4件のフィードバック

  1. yoshi より:

    Me too!>last article.

  2. kenboo より:

    I hate it, too. Does the contents provider get some portion of the ad fee?

  3. […] Googleリーダーをだら見できるサイト「Google Reader Play」 Google、 YouTubeのFlashオーバーレイ広告作成を自動化 Yahooの自転車チームも大喜び? […]

  4. […] Googleリーダーをだら見できるサイト「Google Reader Play」 Google、 YouTubeのFlashオーバーレイ広告作成を自動化 Yahooの自転車チームも大喜び? […]

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中