Apple、モバイル広告プラットホームiAdを発表

次の記事

Apple iPhone OS 4.0のまとめ


今日(米国時間4/8)のiPhoneデベロッパープレビューイベントでSteve Jobsは、大方の予想どおりAppleのモバイル広告プラットホーム・iAdを発表した。これは同社がGoogleにAdMobをさらわれた後、モバイル広告プラットホーム会社のQuattro Wirelessを買収したときから予想されていたことだった(ただしAdMobの買収はFTCが停止勧告する可能性がある)。

Appleが広告の販売とホスティングを行い、収益の60%をデベロッパーに還元する。またJobsによるとデベロッパーは自分のアプリに広告を「半日あれば」追加できるという。多くのモバイル広告がユーザーを使用中のアプリケーションから離れさせるのに対して、iAdではユーザーがアプリ内に留まる。Flashを牽制するかのようにJobsがこう言った「ちなみにこれはすべてHTML 5で作られています。」

Jobsがデモで最初に披露したのはToy Story 3の広告だった。それはHTML 5ベースで完全インタラクティブに作られ、ネイティブなアプリのように見え、ゲームさえ組み込まれていた。Jobsいわく「これは新しいタイプのモバイル広告です。こんなモバイル広告を見たことありますか? 全然違うでしょう?」

次にJobsはNikeの広告を見せた。それはNikeの広告の歴史を綴ったもので、ユーザーはNikeブランドシューズの歴史をめくっていくことができる。広告からは「通常の」ネイティブアプリケーションAPIの多くをアクセス可能で、位置情報サービスや加速度センサーまで利用できる。これは、超ローカル広告にとって朗報である(ただし、地域ビジネスが出稿するためのうまい方法をAppleが用意すればの話)。

どうやらAppleは誰がアプリを作るかについてはあまりこだわっていないようだ。こうしたインタラクティブ広告を広告代理店が作ってもよいし、アプリ開発者が作ってもよい。ただし私の予想では、App Storeのネイティブアプリと似たレビュープロセスを経る必要があるだろう。アップデート:Q&Aセッション中Appleは、審査は「軽度な」ものにする予定であり、会社として見せたくない広告はもちろんある、テレビCMもそうであるように、と語った。

この新プラットホームによる明らかに起きるのが、他の広告ネットワークによる広告が二級品になることだ。おそらくAppleから見てというだけでなく機能面でも。詳細はまだ殆どわかっていないが、もしiPhone上の広告でiPhone APIにアクセスできるのがiAdだけだとすれば、サードパーティーネットワークによる広告は対話性が低かったりユーザーの位置を効率的に取得できないことなどが考えられる。デベロッパーがiAdを歓迎してiPhoneの急成長が続くようなら、今後Googleのモバイル広告戦略に大きな影響を与える可能性がある。

以下にJobsが発表にあたって語ったことを引用しておく(ライブメモを元にアップデートする予定。一部要約されているものもある)。

[無料アプリの]デベロッパーは儲けるための方法が探す必要があります。多くのデベロッパーが広告に目を向けました ― しかし現在の広告はひどすぎると私たちは考えています。

携帯電話の広告を見ると、デスクトップとは違うことがわかります。デスクトップは何といっても検索。モバイルでは検索は使われていません。人は携帯電話では検索しないのです。みんなが時間を使うのはアプリです。

平均的ユーザーは1日あたり30分間アプリに費やします。3分毎に広告を出せば1日10回です。

iPhoneコミュニティー全体では、1日あたり10億インプレッションになります。

ウェブではインタラクティブ広告をたくさん見てきました。われわれはインタラクションだけでなく、感情も提供したいのです。

現在は広告をクリックするとアプリの外へ追い出されてしまいます。だから広告をクリックしないのです。

私たちはインタラクティブやビデオのコンテンツをアプリから離れずに使う方法を見つけました。

Appleが広告の販売とホスティングを行い、収益の60%をデベロッパーに還元します。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi)