日本の経済紙「日経」が10年前のリンク防止策を最新のWebサイトに導入

次の記事

iPhoneになぜアプリケーションの自由がないのか? Steve Jobs曰くポルノを阻止したいから

Netscapeがまだ健在のころには、JavaScriptを使って画像などのコピーをブロックしようとする連中がいた。コピーしようとすると…ブラウザの本来のメニューは出ず…JavaScriptのalertが出て“リンクのコピーは音楽産業を滅ぼす窃盗行為です”なんてメッセージを吐く。しょうがないからこっちは、ページのソースからIMGタグなどをコピーする。今、日経は、そんな、昔の「HTML速習48時間」に載ってるような小細工を使い、リンクや画像の右クリックを不能にすることによって、コピーを防ごうとしている。

The New York Timesの記事によると、日経は右クリックを禁じただけでなく、有料読者にならないとリンクの再利用はできない。これはまさに、アメリカのニュース集積サイトの息の根を止めたやり方であり、同紙は貴重なニュースが今後かえって不法に簒奪されることを心配している。

もちろん、このようなJavaScriptの小技(こわざ)は、バイパスしようと思えば簡単にできるが、おもしろいのは、このように合衆国以外の国の新聞社が、合衆国の新聞が今直面している危機を見て大あわてしている姿だ。しかし率直に言って、彼らの小細工は通用しない。メディア企業がやるべきことは、次世代の人びとを説得してデジタルコンテンツを有料化することだ。いろんな理由により、それはうまくいくはずだ。“アマチュアの時代”とか、メディアコラージュの魅力など、いろんな甘い言葉が流行(はや)っていても、しかし一方に高度なプロのメディアプロデューサーがいなければ世の中は退屈だ。たしかに地方紙はこのところますます魅力薄になりつつある(ぼくの故郷のColumbus Dispatchなんか、AP通信社の記事ばっかりなのにそのほかのがらくたが多くて雑誌みたいに厚い)が、WSJやThe New York Timesなどは、同じ恐竜でも高度に進化した恐竜だから、今後も十分活用できる能力やリソースを持っている。

というわけで、日経は、勝手に壁を築くがよい。そんな壁は、簡単に迂回できるんだから。

[原文へ]
[米TechCrunch最新記事サムネイル集]

(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))