「コードカッター」増加の兆し―アメリカでは80万世帯がケーブル/衛星からウェブTVに乗り換え

次の記事

Twitter、長らく準備中だった広告プラットフォームをついに開始。その名はPromoted Tweets

読者は「コードカッター」 〔ケーブル(衛星)テレビの契約を解除して「ケーブルを切る」ユーザー〕だろうか? あるいは少なくともコードカッターになることを考えているだろうか? ケーブルテレビは800チャンネルを提供するというが、ユーザーが実際に見るのはせいぜい2-30チャンネルに過ぎない。それにしては高い受信料ではないだろうか?

Hulu、Netflix、Apple iTunes、放送局のウェブサイトなどを通じてHD画質のテレビ番組が次々にオンラインで視聴できるようになるに連れて、テレビを(正確にはケーブル、衛星による有料契約を)捨てるユーザーが増える兆しを見せている。実数としてはまだ少ないが、Convergence Consulting Groupの調査によると、昨年、アメリカでは80万世帯が「ケーブルを切った」と推定されている。年末までにはこの数は160万に倍増すると推定されている。

ケーブル、衛星、電話キャリヤによるテレビの有料視聴業界は1億100万人のユーザーを抱え、$84B(840億ドル)の市場規模を持つ。コードカッターはまだ大きな脅威を与える存在ではない。しかし、テレビの視聴がウェブに移行しつつあることを示す徴候の一つではあるだろう。ウェブで一つの番組をすっかり見たユーザーのうち、コードカッターが占める割合は3%以下だ。他はテレビ番組を時折ウェブで見ることを始めたばかりのユーザーだ。毎週、全テレビ視聴者の17%が一つか二つの番組をすっかりオンラインで視聴しているいる。去年はこの割合は12%だった。今年は21%に増加するものと推定されている。

オンラインでテレビ番組を見る手段が増えるに連れて、オンライン視聴を習慣に取り入れるユーザーの数も増えている。たとえば、我が家では、キッチンにテレビの代わりにノートパソコンを置いてある。昨夜、妻は夕食を準備しながら人気料理番組、Jamie Oliver’s Food RevolutionをHuluで見ていた。The online viewership for the on CBSSportsでのゴルフの約1時間半にのマスターズ・ゴルフトーナメント番組のオンライン視聴者は今年、前年に比べて倍増して130万人に上った。テレビ受像機ばかりでなく今やどんなモニタであろうとテレビ番組を映し出す機能を備えるようになり、ユーザーは手近のデバイスを利用するようになった。さらにコンピュータを大型液晶テレビに接続して番組を表示するのが簡単になるに連れ、オンライン・ビデオ・サイトはテレビ上の既存のチャンネルと同じひとつのチャンネルになり始めた。

オンラインテレビは広告収入ベースの無料モデルが現在いちばんポピュラーな配信形態だ。しかしAppleは昨年Apple TVを単なる趣味的実験以上のものに強化して、ダウンロードできるテレビ番組の数を倍増させた。Convergenceの調査によると、アメリカでの番組ダウンロードは2008年の9千万回から昨年はやや増加して.1億回に上った。これに伴なうダウンロード販売の売上は$200M(2億ドル)だった。

Convergenceはまたアメリカの大手放送事業者、CBS、Disney/ABC、NBC Universal、News Corp.、TimeWarner、Viacomでは通常の広告売上が$62B(620億ドル)であるのに対し、オンライン広告はその2.5%にあたる$1.56B(15億6000万ドル)を記録している。(ただし、昨年のオンライン広告の売上総額を$1B(10ドル)とする推計もある)。いずれにせよ、通常広告とオンライン広告の間にはまだ巨大なギャップが存在することは明らかだ。しかも昨年はこれに加えてケーブル事業者からの放映権料収入が$34B(340億ドル)もあった。放送局が番組のウェブ化を急がないのには十分な理由がある。

今ひとつ、コードカッターの影響を小さくする要因として、DVDレコーダー(DVR)、ビデオ・オン・デマンド、HDテレビの増加などがある。Convergenceの調査では、アメリカの全テレビ保有世帯のうち、35%がDVR、36%がHDテレビを持っているという。2012までには、DVRの保有率は50%、HDテレビの保有率は58%になるものと推定されている。またケーブルテレビのセットトップボックスから好みの番組を選んで視聴できるビデオ・オン・デマンドも拡大しつつある。

しかし、これらの要因を考慮しても、ウェブがもっとも経済的なチャンネルであることは事実だ。結局便利さとコストのトレードオフとなる。コードカッターになるのか、カウチポテトを続けるのか、さて読者はどうお考えだろう?

写真:Flickr/Schmilblick

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦/namekawa01

“「コードカッター」増加の兆し―アメリカでは80万世帯がケーブル/衛星からウェブTVに乗り換え” への1件のコメント

  1. […] Estimate: 800,000 U.S. Households Abandoned Their TVs For the Web […]

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中