Apple、iPadの海外販売開始を一ヶ月延期―予想を上回る需要に追いつけず

次の記事

JavaアプリフレームワークSpringがRabbit Technologiesを買収して‘クラウドフレームワーク’への成長を目指す

iPadは発売後わずか一週間で50万台を売ったが、Appleによるとこの売れ行きと現在殺到している予約注文の数は「予想を完全に上回るものだった」ということだ。そのとばっちりは海外での発売の一ヶ月延期という形になって現れた。われわれヨーロッパも含めて、iPadの発売は5月末になる。

Appleは5月10日(月)に海外発売の時期、価格などを発表し、同時に予約を受け付けるということだ。

プレスリリースの全文はCrunchGearに。

だからといって代わりにWePadを買うわけにもいかない。やれやれだ。

Robin Wautersのメモ:

iPhone OS 4.0の発表イベントで、誰かが「iPadがアメリカで圧倒的な成功を収めたことで、4月末に予定されている世界発売に影響が出るのではないか?」と質問した。それに対してSteve Jobsはなんと答えたか覚えているだろうか?

“いや、われわれは4月に世界発売を行う。4月末といったら4月末だ。

ちなみに、この発言はわずか6日前のことだ。

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦/namekawa01