Dibspace

仮想通貨だけで1年暮らせるか?–Dibspaceでファウンダ自身が実験に挑戦

次の記事

検索のランク付けでGoogleはサイトのスピードを重視–それを好機として生かそう

仮想通貨で生活できるだろうか? DibspaceのファウンダDominic Canterburyは、できると言う。Canterburyは、まるまる1年、仮想通貨で生きられることを実証しようとしている(衣食住すべて)。これはもちろん、彼のオンラインマーケットプレースのマーケティング戦略だが、でもおもしろそうだ。

“サイトをもっと強力にしたいし、仮想通貨という経済を、もっと形のあるものにしたい”、Canterburyはそう言う。


Dibspace.comは、自称”過剰在庫.com”で、商店などがドルでなく”Dibit”(ディビット)という仮想通貨で取引をする(そこでDibspace)。1ディビットが1ドル相当だが、ドルへの換金はできない。たとえば地元の旅館やヨガ教室などに空きがあると、その空きをDibspaceで売りに出す。消費者はディビットで入札し、売り手が消費者を選択、そして物やサービスが手渡されたときに請求を行う。小企業にとっては、いろんな利点がある: 売り手は物やサービスの売上を使ってほかの企業(ケータリング、Webデザインなど)を利用できるし、新たなお客を開拓できる。

“キャッシュが少なくお客も少ないという今の時代に、この新しいバーター(barter)通貨(物々交換通貨)によって、自分のビジネスが不況の犠牲者にならずにすむ、と考える企業が増えている”、そうCanterburyは言う。

また、消費者個人も物やサービスを売ってディビットを手に入れることができる。サイトにアカウントを持ったときに10ディビットもらえ、友人を誘ったら10ディビット(企業を誘ったら30ディビット)、物やサービスを売りに出したら10ディビット(同時に最大5つまで)をもらえる。自分の持ち金を任意の時期に買い増しする、というオプションもある。サイトはユーザ数4000とまだ小さいが、でも、売りに出されている物やサービスは1500ぐらいあり、サイトの維持には十分だ。これまでに、50万ドル相当の売買が成立した(今は対象地域をピュージェット湾/シアトル界隈に限定)。

Canterburyは42日後に仮想通貨生活を始める。彼はまた、参加企業募集のためのキャンペーンも始める予定だ。たとえば、参加してくれそうな不動産屋(複数)がいるので、消費者はディビットで部屋を借りれるようになるそうだ。

[原文へ]
[米TechCrunch最新記事サムネイル集]

(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))

“仮想通貨だけで1年暮らせるか?–Dibspaceでファウンダ自身が実験に挑戦” への1件のコメント

  1. Twitterまとめ – 2010/4/18…

    最低限の社会保障は確保されるべきだけど、全員が同じレベルじゃないとNGという議論はちょっとおかしい。 RT @May_Roma 無料化すると待ち時間長くなり全体レベル下がる可能性 RT @alea_est やっぱり…。技術的に優れた日本の医療にさらなる医療費削減や医療費無料化を… 11:56 PM Apr 18th 技術でいうとゴリ押しの標準化推進も。ま、何もないより百倍良いけど。w RT @tekusuke まあ米国発のスタンダードって結局は金融支配と軍事力で(ry RT @matsu_taka …

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中