スクープ: Android 2.2(Froyo)にはUSBテザリングとWiFiホットスポット機能あり

次の記事

Googleが投資したSCVNGRがFoursquareに対抗して一般向け位置対応チャレンジゲームを開始

Googleは今日(米国時間5/12)、プラスチック製の冷凍ヨーグルトのデザートの彫刻を、Androidのデベロッパたちが入っているビルの外に加えた(過去のバージョンのためのエクレアやドーナツはここにある)。新しいデザートの登場は、Androidオペレーティングシステムの次のバージョンであるAndroid 2.2、別名Froyoがもうすぐ出る兆候だ。

Flashのフルサポートと大幅なスピード向上に加えて、本誌が確認したところによると、もっとすばらしい新機能がある。FroyoはUSBによるテザリングを内蔵しているので、データ接続をラップトップなどと共有できる。それはAppleとAT&Tがいまだに合衆国内でできないでいることだ。さらにすばらしいことに、無線のテザリングもできるからAndroidケータイをWiFiのホットスポットとして利用できる。

USBテザリングとWiFiホットスポットの機能が、上のスクリーンショットに表示されている。まだはっきりしないのは、キャリアがAndroidのこの標準ビルドを使って、この機能をoffにしたり有料にできるのかという点。

もちろんこれは、Androidのユーザにとってすごいニュースだ。Android携帯電話とGoogle Voiceとの組み合わせは、今でもモバイルの理想形だ。テザリングとWiFiホットスポットが加わると、Appleなどを大きく引き離すことになるだろう。

Froyoの公式の立ち上げは、たぶん来週のGoogle I/Oイベントでだろうね。

〔訳注: Android 2.1機でもHTC Desire(ソフトバンク)などはテザリング機能を提供しているし、またそのためのサードパーティアプリケーションもある。〕

[原文へ]
[米TechCrunch最新記事サムネイル集]

(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))