Android 2.2はFlashをフルサポート―Apple vs Google戦争激化へ

次の記事

Echofon、FTCのGoogle/Admob買収調査を受けて曰く:「彼らの目的に合うことを言えという圧力を感じた」

AppleはFlashを憎んでいる。AdobeはAppleを愛している。AppleはAndroidを憎んでいる。したがって、AndroidはFlashを愛することにならざるをえない。

GoogleはAndroidの最新版、2.2(Froyo)を今週水曜にスタートするGoogle I/Oカンファレンスで公開するものと期待されている。このアップデートでは、パフォーマンスの大幅改良、テザリング、ユーザーが独自のWiFiスポットを設定する機能など大きな改良が含まれるはずだ。もう一つの大きな改良は携帯デバイスでの動作を最適化したFlash 10.1の統合だ。Googleは2.2へのアップデートが行われると同時にユーザーに対してFlashのサポートをハイライトするつもらしい。

われわれの得た情報によると、2.2のインストールが可能なAndroid携帯(Nexus One、Droid、近くHTC Evo)のユーザーは、アップグレードが完了すると同時にAdobeの携帯サイトへのリンクが表示されるということだ。このページには「Flash利用サイトを見る」「Adobe製品を入手する」などのオプションが表示される。前者のリンクをクリックするとFlash 10.1を利用しているすべてのサイトのリストが表示される。このサイトにはSony Pictures、Warner Brothers、BBC、Google Financeその他多数の有力サイトが含まれている。

事実、このリストはNexus OneDroidについてはすでに公開されている。ただ奇妙なのは両者のリストに食い違いがあることで、(Droidのリストの方がずっと少ない)、理由は不明だが、2.2のローンチ時までには修正されるのかもしれない。

Adobeの携帯向けページにはPalm Pre向けのFlashサイトのリストも掲載されている。実はiPhone向けのページもあって、そこでは「Flash利用サイトを見る」というリンクの代わりに「アプリを入手する」というリンクが表示されている。

このリストはiPad向けに最適化されている(つまりFlashを使わない)として先日Appleが公開したリストに対するAdobeの直接の回答だ。Adobeとしては当然の反応だが、おもしろいのはGoogleがそれに味方したことだ。GoogleはiPhoneと競争する上でFlashのサポートがAndroidの大きなセールスポイントになると考えたに違いない。GoogleはまたAdobeと協力してFlashをChromeブラウザ(近くChrome OS にも)への統合を進めている。

Google対Appleの戦争はいよいよ激しさを増してきた。この戦いでGoogleはAdobeを手駒とすることを決めたようだ。

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦/namekawa01

“Android 2.2はFlashをフルサポート―Apple vs Google戦争激化へ” への1件のコメント

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中