Chrome-To-Androidエクステンション:これはスゴイ

次の記事

GoogleがFroyoの配布を確認:「Nexus Oneデバイス向けの提供開始!」

Google I/OでGoogleが披露したものの中で、地味ながらクールだったのが新しいAndroidクラウドからデバイスへのメッセージングサービスで、Android 2.2に含まれている。この「プッシュ通知とは呼ばないでね」サービスを使うと、コンピューターからAndroidデバイスに自動的にリンクを送ることができる。

みんな、Anroidアプリ(そしていずれは音楽やメディア)をデバイスに送り込むことについて話している ― それは正しい。しかし、これも役立つのがリンクプッシュ機能だ。例えば、パソコンで今見ているページを出先で見たいと思ったら(私はいつもそうだ)、Chromeの拡張機能を使えばワンクリックで自動的に携帯電話に表示される。

地図ではさらに便利だ。パソコンのGoogleマップで見ている場所を、拡張機能でワンクリックすればAndroidデバイスに自動的に送られて ―― そこでもマップアプリが開かれる。

これはどこかテレビ番組の24を思い出させる。ジャック・バウアーがクロエ・オブライエンに向かって、何かを携帯電話に送れといつも言っている ―― すると魔法のように必ず数秒のうちに現れる。これを使えば、本当に実現可能になるのだ。

もちろん、欠点もある。この拡張機能をインストールした自分のパソコンの前に友人や同僚が座っているところを想像してほしい。ワンクリックでどんなページでも送ることができる。ポルノでもイタズラページでも何でも ―― その可能性を考えてみてほしい。

リンクとマップ両方の動作デモを下に貼ったので見てほしい。

Android 2.2を持っている人は(まだの人も、もうすぐなのでじっと我慢)、Chrome-to-Phone Google Codeページに行ってやり方を見てほしい。基本的にはChromeの拡張機能とAndroidアプリをインストールするだけでOKだ。これがうまくいくのは、AppEngineを使ってGmailアドレス経由で同期するからだ。



アップデートPastefire (1月に本誌で取りあげた)がiPhoneで似たようなことをする。ただし繰り返すが、Androidのやり方はGoogleがAndroid 2.2に専用機能として組み込んでいるものだ。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi)