2010年はインスタントメッセージング(IM)が死んだ年になるのか?

次の記事

TechCrunch Disruptのライブストリーミングの総視聴時間は100万分/人を超えた

Twitterがインスタントメッセージング(instant messaging, チャット, 以下IMと略記)を殺したのか? ここ数年のIMのトラフィックの急激な落ち込みは、そう説明できるかもしれない。最近の調査によると、イギリス人は2007年にオンライン時間の14%をIMに費やしていた。今はどうか? わずか5%だ。IMは死んだのか? 今死につつあるのか? それとも次の大ジャンプに備えて身をかがめているのか?

IMの人気が落ちたのだとすると、その理由がいくつかある。まず、IMのサービスは互いに互換性がない。自分がAIMを使っていて、ロンドンの友だちがWindows Live Messengerを使っていたら、二人はIMできない。しかしSMSなら、同じメッセージを簡単に相手に送れる。

あるいは、ここ数年子どもたちは、テキストのIMを互いに送る代わりに、Skypeを使って会話をしていることが多い。SMSも使っているだろう。

どうやら、犯人はSMSか。携帯電話からTwitterのアカウントに接続したら、SMSしかない。短いテキストをぱっと書くだけで、Lakersが今年は優勝すると自分が思っていることが、全員に知れ渡る。IMでは、何人友だちがいても、そのうちの一人にそう話すだけだ。

それに、数年前からFacebookにIM機能があることを忘れてはいけない。ただしこのところFacebookは、ユーザをぽろぽろと失いつつあるが。

ぼくは2008年の春以降、IMを日常的に使わなくなった(Google Talk? 使ったことないね。メールはIMじゃないし)。ただしそれは、ぼくが馬鹿だったために、ある人を避けたくなったからなんだけどね。

[原文へ]
[米TechCrunch最新記事サムネイル集]

(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))