ジョブズ講演にはなかったけれど、Safari 5が出た(そしてChromeやFirefoxより速い)

次の記事

スマートフォンのスペックを比較する:iPhone 4 vs EVO 4G

WWDCでSteve Jobsのキーノート講演に登場すると噂されたものの一つが、次期バージョンのSafari、5だった。それはなかった。しかし、Appleは時として静かなサプライズをわれわれに与えてくれ、今日がそのケースだったようで、事実Safari 5が発表された ― 少なくともプレスリリースによると。

まだAppleのSafariサイトにもなければ、ソフトウェアアップデートにも入っていないが、新バージョンはたしかに今日(6/7)やってくるようだ。それで中身はどうなのか。そう、新しいiPhone OSと同じく、新オプションとしてBingを標準検索エンジンにできるようになる。さらに重要なのが、新バージョンでSafariに機能拡張が使えるようになること ― 「ブラウジング体験をカスタマイズし、強化する」ことを可能にする新機能だ。これで、全世界で2億台のデバイスで使用されている(iPhoneとiPadも勘定に入れているので)とAppleが言う同ブラウザーに、ライバルのChromeやFirefoxと主要機能で対等に戦うための材料が揃った。

新しい機能拡張について、Appleがこう書いている。

新しい無料のSafariデベロッパープログラムによって、デベロッパーはSafari 5をHTML5、CSS3、JavaScriptなどの標準的ウェブテクノロジーに基づいて、カスタマイズや拡張ができるようになります。新しくSafariに加わったExtension Builderを使えば、拡張機能の開発、インストール、パッケージ化が容易になります。安全と安定のために、Safari機能拡張は、サンドボックスを使用し、Appleのデジタル認証署名が付けられ、同ブラウザーのみで動作します。

ChromeとFirefoxといえば、Safari 5は、Safari 4より30%性能が向上しており、さらにAppleは、新バージョンはChromeの最新安定ビルド(5.0)より3%速く、Firefox 3.6の倍近く速いと言っている。これらの数値はすべて、Appleの最新NitroエンジンでのSunSpider JavaScriptテストに基づいている。

またSafariには、ウェブページから余分な飾り(と広告)を除去することによって読みやすくする「Reader」と呼ばれる新機能も追加される。

アップデート:PR Newswireがリリース文を取り上げたので、下に貼っておいた(英文)。
アップデート2:そして今、公開された

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi)