AT&T、「iPhone 4の初日予約は3GSのときの10倍」と発表

次の記事

今後のAndroidはユーザ体験の向上にひたすら注力–機能面は一段落したので

AT&Tは先程iPhone 4に初日から予約が殺到しているというコメントを発表した。iPhone 4の初日の予約数はiPhone 3G Sの初日の予約数に比べてなんと10倍も多いという。

またAT&Tは今日(米国時間6/16)は予約受付を中止するとしている。 初日でAppleから割り当てられた数量に達してしまったため、At&TではAppleからさらに追加割り当てを受けてから予約を再開する。昨日はAT&Tのウェブサイトに自分のiPhoneはアップグレード可能かどうかチェックする訪問者が1300万も押し寄せた。これは今までのアップグレード・チェックでの訪問者数の最高記録を一気に3倍にしたという。

Appleのオンラインストアも現在、在庫切れになっているが予約は可能だ。ただし今予約しても6月24日(発売日)に入手はできず、追加のロットが入荷するのは7月2日になる。

予約注文とアップグレード・チェックのための訪問者の津波でAppleとAT&Tのシステムはたまらずダウンし、予約手続きを完了できなかった人々が大量に出た。(両システムとも現在は回復)

UPDATE – Appleも不便をかけたことを謝っている。すでに60万台の予約があったという

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦/namekawa01