現時点での、ベストiOS 4対応アプリ

次の記事

Kindle、iPadとNookに強力巻き返し―なんと3割値下げで$189に

みなさんご存じのとおり、来たる木曜日にiPhone 4が発売される。しかし月曜日(米国時間6/21)には、現iPhoneユーザーへの一足早いプレゼントとしてiOS 4が公開される。新しいiPhoneオペレーティングシステム(旧iPhone OS 4)である。新OSにはいくつかの拡張がなされているが、中でもみんなが期待しているのはマルチタスキング(バックグラウンドタスク)だろう。一週間ほど前、Appleはデベロッパーに対してiOS 4対応版の提出を促し、すでにいくつか申請されている。すでに承認されたものや近く承認されるものもある。

どのアプリにも共通する要素は、高速アプリ切り換えへの対応だ。人々が持っている従来のマルチタスクのイメージは、iOSでは異なる。複数のアプリがバックグラウンドで同時に実行することはない ― 当然そうすれば資源を占有し電池を消耗する。代わりにAppleは、サードパーティーアプリに特定の機能をバックグラウンドで実行できるようにすると共に、高速アプリ切り換えを可能にするための状態保存が容易にできる方法を用意した。基本的に対応アプリは、一時停止されてバックグラウンドに置かれ、再度呼ばれると停止が解除される。大したことないと感じるかもしれないが、実際の効果はかなりのもので、全アプリメーカーが対応すればユーザーは多くの時間を節約できる。

現時点での、優れたiOS 4対応アプリのリストを作ってみた。まず、すでに公開されているものから

Evernote ― 最新バージョン(3.3.5)はかなり本格的にiOS 4に対応している。これは、高速アプリ切り換え以外にもっと高度なバックグラウンドAPIも使用しているという意味だ。例えば、アプリが開いていない時にもノートのダウンロードおよびアップロードを行うことができる。さらに嬉しいのが、音声ノートを録音中にアプリを閉じても録音を続けてくれることだ。iPhone画面の上端に大きな赤いバーが表示されて動作中であることを示し、ここをクリックすればEvernoteアプリに戻る。詳細は Evernoteプログに書かれている。この無料アプリはここからダウンロードできる。

Dropbox ― Dropboxの最新バージョン(1.2.2)も、高速アプリ切り換えに対応している。バックグラウンドでのアップロード/同期もサポートしているようだが、説明文には書かれていない。アプリは無料で、ここからダウンロードできる。

Zagat To Go ― 最新バージョン(3.1.2)では、高速アプリ切り換えに加え、新機能としてiPhoneカレンダーにイベントを追加できる(これも新APIの一つ)。さらに、ZagatによるとアプリのグラフィクスをiPhone 4の新高解像度画面用に改訂したというから楽しみだ。ZagatはApp Storeのここにあり、価格は$9.99だ。

LinkedIn ― このアプリの最新バージョン(3.1.1.)は、現時点では高速アプリ切り換えにしか対応していないようだが、これが多くのユーザーにとって重要なアプリであることを考えると、この早い時期にiOS 4に対応したことは評価できる。ステータスメッセージを書いている途中に、ウェブで何かを調べてからLinkedInアプリに戻ると、そっくり前のままの状態になっているのはすばらしいことだ。アプリはこちらにあり、無料。

次に、近日公開予定のiOS 4アプリ

Loopt ― LooptのiOS 4対応版を使ってみた。高速アプリ切り換えとバックグラウンドで動作する位置情報(これもiOS 4の新API)を提供している。これはかなり良い(アプリ自体もずっと改善され、メインのUIも全面改訂された)。先週私は、一部の位置情報主体のスタートアップに対して、iOS 4がハードルを上げるであろうと指摘したが、こうして実現されたものを見て再度それを確信した。新しいLooptは未だにチェックインが基本だが、バックグラウンドの位置機能によって、ある場所を離れたことがわかるようになる(さらに重要なのは友人たちに通知できること)。近いうちに詳細情報が発表されるほか、アプリ自体もiOS 4の公開に合わせて出てくるはすだ。

Pandora ― iOS 4対応バージョンのPandoraが近く公開されることは予想がつく。なぜなら、AppleがWWDCのデモ機すべてにインストールしていたからだ(これは私がいじっているところのビデオ)。少なくとも私のiPhone上では、Pandoraが最もiOS 4の恩恵を受けるだろうと既に言える。バックグラウンドで曲を聞きながら他の作業ができるのだから。

Twitterrific 3 ― デベロッパーのCraig Hockenberryが数日前つぶやいたところによると、iOS 4(およびiPhone 4)対応バージョン(バージョン3)はすでにApp Storeに申請済みで、近々公開されるはずだ。Twitterアプリすばやく切り換えられるようになることは、決定的に重要だ。

Navigon ― バックグラウンドでの位置APIの利用法として重要なのが、進路変更指示型のナビゲーションシステムだ。Navigonはが最近iOS 4対応バージョンを披露しており、近くApp Storeに申請予定とのこと。

Foursquare ― これはちょっとした伏兵で、なぜなら本誌が今日掲載したインタビューで、共同ファウンダーのDennis Crowleyが、FoursquareはiOS 4とバックグラウンド位置情報については待ちの姿勢で行くことを匂わせていたからだ。しかし、WWDCのiPhone 4体験デモではFoursquareがデモ機にインストールされており、高速アプリ切り換えが作動していた。つまり、もう公開の準備は整っていると思われるが、Foursquareはバックグラウンドの位置情報を何かに利用するかどうかは今後評価するつもりなのだろう。

以上が現時点でのリストだ。他にも知っている、見たことがある、という人がいたら本誌に一報するかコメント欄に書いて欲しい。メモ:Facebookアプリが今日アップデートされたことは知っているが、iOS 4固有のものは入っていないようだ。FandangoとBoxcarの両社はiOS 4対応と言っているが、いずれも高速アプリ切り換えすらサポートしていないようなので、恐らく私の気付かない新APIを何か使っているのだろう。

アップデート:コメント欄からの新情報をいくつか。

How To Cook Everything ― 高速アプリ切り換え、ローカル通知、ジェスチャー対応、カレンダー対応 ― およびiPhone 4用のグラフィック改訂。これが全体で一番本格的なiOS 4アプリかもしれない!ここにある。アプリの価格は$1.99。

NYTimes ― 新聞アプリが高速アプリ切り換えに対応した。無料アプリはここにある。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi)

“現時点での、ベストiOS 4対応アプリ” への2件のフィードバック

  1. […] 実際のところ、facebookアプリケーションなどがiPhoneの新機能への対応に遅れをとっている中、結局はTwitterが迅速に新機能対応をしたアプリケーション群のひとつとなったわけだ。 […]

  2. […] 現時点での、ベストiOS 4対応アプリ […]

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中