kindle

Kindle、iPadとNookに強力巻き返し―なんと3割値下げで$189に

次の記事

テック・スターに憧れて(素晴らしい音楽ビデオをどうぞ)

今日(米国時間6/21)、Barnes & Nobleは新しいWiFiオンリーのNookリーダーを$149で発売した。既存の3Gモデルは$199だった。Amazonもこれに対抗せざるをえないはず。と、そのとおり、即座に対抗してきた。

新価格は驚きの$189。$259からの大幅値下げだ。この価格はたまたま3G版Nook(Kindleの全モデルは3G接続)より$10安い。さらにいちばん安いiPadよりさらに$300も安い。

プレスリリース中でAmazonは「e-inkテクノロジーのおかげで明るい日差しの中でも読めるし、重さはわずか289g」とアピールしている。これはどちらもiPadへの牽制だ。iPadはバックライト液晶なので日差しの強いところでは読みにくいし、680g(3G版は730g)とKindleよりはるかに重い。同時にAmazonはKindleストアにはNewYork Timesのベストセラーリスト112冊中の109冊を始め、60万冊以上の本が用意されていることも指摘している。こちははNookとiPadの双方をターゲットにしている。NookはKindleより多数のeブックをストックしている(100万冊以上)としているが、NYTのベストセラーリスト入りしている本の数では追いつかないらしい。一方、AppleのiBookストアの本の数はKindleにもNookにも遠く及ばない。

この値下げでKindleの反撃態勢は整ったとみていいだろうか? $189という価格は魅力的だ。去年私がKindleを買ったときにはほとんど$200も高かった($359)。これは平均的消費者にとっては明らかに高すぎる買い物だった(私自身は大いに満足しているが)。$299への値下げは改善だった。その後さらに$259に値下げされ、だいぶ値ごろ感が出ていたところだった。

しかしこういったすべてはiPadが出る前の話だ。今となってはiPadが$499でKindleが$359などというのは悪い冗談にしか思えない。なるほどKindleはeインクのおかげで目に優しいかもしれない。しかしiPadにはeブックリーダー以外に何千もの機能(それどころではないかもしれない)を果たすことができる。

Amazonからはまだカラー版もタッチスクリーン版のデバイスも出ていない。開発中だという噂は聞こえてくるものの実際に登場するまでにはしばらく間がありそうだ。するとAmazonの対抗策は価格引き下げ以外にないことになる。Nookより$10安くしたのは、Barnes and Noble対策としては十分かもしれないが、iPadに魅力を感じている消費者はやはり迷うことだろう。Amazonが決定的に勝ちに行くのであれば価格を$99程度に下げる他あるまい。来年あたりAmazonはそこまでの値下に踏み切るのではないかと私は観測している。

〔Amazonのプレスリリース全文は原文参照〕

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦/namekawa01