Rebtel%E3%81%AEAndroid%E3%82%A2%E3%83%97%E3%83%AA%E3%82%B1%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%81%A7%E3%81%AF%E5%9B%BD%E9%9A%9B%E9%9B%BB%E8%A9%B1%E3%81%8C%E7%84%A1%E6%96%99%E3%81%AB

RebtelのAndroidアプリケーションでは国際電話が無料に

VoIPのRebtelが今日(米国時間6/24)立ち上げる新バージョンのAndroidアプリケーションでは、Android同士の国際通話(50か国以上)が無料になる。

ただし国際通話の部分は無料だが、ローカルの料金は両者の携帯電話の料金プランに基づいて支払う。アプリケーションは常時バックグラウンドで動いていて、ユーザが高価な長距離電話をかけようとすると、それを自動的に安価なローカルの番号に変える。たとえばAndroid携帯電話のダイヤルパッドから国際番号をダイヤルしたり、アドレス帳からコンタクト(連絡先)の国際番号をセレクトすると、その起呼は自動的に捕捉されて、キャリアからではなくRebtelからのライン(==インターネット)を使う。Rebtelは、ローカルの電話番号を使う通常の携帯電話の起呼をまず受け取るから、ユーザはWiFiなしで利用できる。

Rebtelは本誌に、2010年第一四半期の売上が全年同期比で100%増加した、と言っている。すなわち、800万ドルから1600万ドルへの増加だ。Rebtelの推定年商は4000万ドル程度だが、年間に10億分(ふん)の国際通話を扱っている。同社は今年初めに、Talksterを買収したばかりだ。

しかしRebtelにはでっかい強敵、VoIPの王者Skypeがいる。国際通話におけるSkypeのシェアは急増中だ。Skypeの四半期売上は1億8500万ドルと巨額である。

〔訳注: この記事は原文のコメントがおもしろいので、おひまな方はぜひ。〕

[原文へ]
[米TechCrunch最新記事サムネイル集]

(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))

Tags: ,

広告

blog comments powered by Disqus

コメント

フォロー

新しい投稿をメールで受信しましょう。

Join 134 other followers