Twitterの会話記録サービス、BettweenがUI一新してさらに使いやすく

次の記事

Amazon、Kindleにオーディオ・ビデオ機能を追加―ただし利用できるのはiPadとiPhoneだけ

Twitterは最近、Blackbird Pieと呼ばれるツールを公開した。これを利用するとブログやウェブサイトの管理者が単一のツイートをページ上に貼りつけて簡単に引用することができる。すかしTwitter上でくり広げられるユーザー間の会話を記録することはできない。

そこでこれををスマートにやってのけるサービス、Bettweenの出番となる。

われわれは、2人のTwitterユーザー(たとえば、@apluskと@mrskutcher)の間の会話を記録するこのウェブアプリの最初のバージョンを紹介したが、Bettweenは最近バージョンアップされた。

新しいユーザー・インタフェイスに加えて、Bettweenの新バージョンでは会話の始点と終点の時期を指定することができるようになった。これによって興味ある会話を共有するのがより簡単になった。また会話を時系列の昇順にも降順にもソートできる機能も追加されている。

しかし今回のバージョンアップでいちばん大きな改良は、記録した会話を自分のサイトにエンベッドするウィジェットの追加だ。このウィジェットはルック&フィールをそれぞれのサイトに合わせてカスタマイズできる。

ほんの数クリックで会話がエンベッドできる。もちろんユーザーはまず最初に興味ある会話を発見しなければならない―この2人(GoogleのMarissa MeyerとErick Schmidt)の間には全然会話がないようだ。

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦/namekawa01