Facebookの元CTO曰く: Google Meは噂ではなく事実であり標的はFacebookだ

次の記事

[jp]GREEオープン化、先行開発パートナー30社でスタート

昨日(米国時間6/28)はDiggのCEO Kevin Roseが、彼が聞いた”でっかい噂”によると、Googleが”Google Me”というFacebookの競合サービスを計画している、とトゥウィートし、それがさまざまな推測記事を誘発した(Rose自身はその後そのトゥウィートを削除した)。今度はAdam D’Angelo、FacebookのCTOを何年も務めて今ではQ&AサービスQuoraのファウンダであるこの男が、話に割り込んできて、詳細を漏らした。彼が聞いた情報では、Google Meの計画は事実であり、的(まと)はFacebookだ。

D’AngeloはQuoraの質問に答えて、彼の考えを述べている:

複数の信頼できる筋からの情報をつなぎ合わせると、話はこうなる:

  • これは噂ではない。本物のプロジェクトである。たくさんの人がそれを今手がけている。もう、疑う余地はない。
  • Googleは、Buzzだけではだめだと悟り、もっと完全な最高級のソーシャルネットワークを作ることにした。お手本はFacebookだ。
  • これまでの取り組み(少なくともBuzz以前)と違って、Google内部でプライオリティの高いプロジェクトだ。
  • Googleは、大きくなったFacebookは成長が鈍化し、Googleに対し大きな影響力を持たなくなると想定していた。しかし実際にはFacebookの成長は止まらず、Googleにとって真の脅威になってきた。

Quoraの質問への答えの詳細は、ここにある。

もちろん、これがもたらすものは、可能性としてはとても大きい。それに、Facebookにも強力な競合相手が必要だ。しかしGoogleがどんなに大きなプロジェクトをあたためていても、Facebookと互角に戦うのはそう簡単ではない。Facebook上にコンテンツを預けている人はすでに5億人近い。Facebookが、うちはオープンだよといくら主張しても、ユーザを易々と競合相手に取られるようなことはしないだろう。それにGoogleは、Buzz、Wave、Orkutなどの例に見られるように、ソーシャルサイトにはいくつかの問題を抱えている。だからこれは、勝敗の予想の難しいおもしろいバトルだ。

耳を地面に押しつけたら、Google Meの噂がもっと聞こえてくるかな。

[原文へ]
[米TechCrunch最新記事サムネイル集]

(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))