YouTubeがあらためてFlashとHTML5ビデオの比較論を展開–HTML5はまだ劣勢

次の記事

Google、開発の主力を失うもChrome OSの出荷予定に変更はなし。「Googleには多くの才能豊かな人材がいる」

今年の初めにiPadがFlashをブロックしてから、Flash側の広告キャンペーン公開書簡に至るまでの間、今日のWebにおけるFlashのメリット(またはその欠落)に関する議論があちこちで沸騰した。今日(米国時間6/29)は、YouTubeのソフトウェア技術者John Hardingが、同社の公式ブログで、HTML5のビデオサポートの現状とFlashを比較している。その要点は: HTML5はたしかにすばらしいが、YouTubeなど主なビデオサイトのニーズをすべて満たしてはいない。

Hardingは主な問題点を一つずつ取り上げて論じているが、まず最初はHTML5におけるビデオフォーマットの標準化だ。さまざまな利害の対立や、コーデックのクオリティ、パテントの問題などがからんで、HTML5はまだ、ビデオコンテンツのための統一的な規格を決めていない(たとえば業界標準のH.264にはライセンスの問題がある)。Googleは、先月発表したWebMプロジェクトとVP8でこの状況を打開しようとしているが、VP8がそう早々(はやばや)と新たな業界標準になるとは思えない。

次にHardingが指摘するのは、ビデオストリーミングの問題だ。つまりHTML5には、Flashの動的な画質制御とかバッファリングに相当する機能がない。またHTML5には、FlashのRTMPEに相当する著作権保護のためのコピー防止機能もない。さらにHTML5のビデオには、YouTubeがアノテーションなどの添付データでやってるような、ビデオのほかのサイトへの埋め込み機能がない。このほか、HTML5ではフルスクリーン(全画面)表示ができないし、ブラウザからカメラやマイクロフォンにアクセスする方法も提供されていない。

でも、YouTubeからのこのような言い分は、決して意外ではない。YouTubeは今年初めにHTML5のビデオプレーヤーの提供を開始したが、デフォルトのプレーヤーは今なおFlashだ。それにGoogleは、オープンスタンダードを支持すると明言しながら、Flashはまだ当分必要だと考えている。それどころかGoogleは、同社のChromeブラウザにFlashを最初から組み込んでいる

[原文へ]
[米TechCrunch最新記事サムネイル集]

(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))