Indineroは小企業向けのMint.com–経営者による財務把握をシンプルに助ける

次の記事

オープンなFacebookを目指すDiasporaが最初の1か月の進捗を報告–OStatus, Websocketなどをすでに実装

小企業の経営者にとっては、財務の健全性を維持することがたいへん負担の多い仕事になりかねない(たとえば技術者社長の場合)。クレジットカードの処理、キャッシュフロー、貯蓄などなど、財務状況を監視するためにはいろんな要素を見る必要がある。Mint.comは、家庭や個人の家計や財務管理を助けるが、今日立ち上がったY Combinator傘下のIndineroは、’小企業のためのMint.com’を目指すリアルタイムの財務ダッシュボードだ。

Mintと同じく、IndineroもYodleeを使って銀行やクレジットカード関連の情報を取り出す。しかしIndineroは小企業の健全財務を助けることが目的なので、それらのデータをもとにキャッシュフロー、ランウェイ(今後の資金余裕期間)、支出、利益などなどを分析する。

Indineroの共同ファウンダJessica Mahによれば、IntuitのQuickbooksのような本格的な会計ソフトは、経営者が使うには難しすぎる。IndineroはMint同様に、インタフェイスがシンプルで使いやすい。財務状況をきれいなグラフで見せてくれる。近く導入予定の予測機能は、企業のデータと業界の動向をもとに、将来の財務パフォーマンスをかいま見させてくれる。同じ業界の同規模の他社と、パフォーマンスを比較できるようにもしたい。

このサービスは、経理の専門家の身代わりになるものではない。あくまでも経営者が、会計士等と協力していくために使うツールだ。会計士や計理士は、IndineroのデータをQuickbooksに直接流し込むことができるから、彼らの仕事もかなり楽になる。

IndineroはもちろんMintとも競合するし、小企業向けのシンプルな会計アプリケーションはOutrightFreshbooksなど、ほかにもいろいろある。

[原文へ]
[米TechCrunch最新記事サムネイル集]

(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))