Yahoo、今月新しい企業戦略を部内向けに発表へ

次の記事

Junaio、iOS 4の新しいカメラAPIを利用した拡張現実をデモ

Yahooもとうとう真剣に企業戦略の練り直しを始めるようだ。 特に「Yahooとはどういう会社か?」という問への明確な答えを用意することに全力を上げるものとみられる。

先週、全社員に送られたメールで、最高プロダクト担当役員、Blake Irvingは「Yahooの企業戦略の基本をまとめた2ページの文書を今月中に配布する」と述べている。その後、 2ページの文書を敷衍した20ページの文書が配布され、さらに詳細を述べた200ページの文書も用意されるのだという。

この「2/20/200」文書(社員はそう呼んでいる)は興味深い読み物になりそうだ。全社員向けに配布されるというのだから、一度配布されればすぐに外部に出てくるだろう。

Yahooはどうしても会社が向かう方向を決める必要がある。CEOのCarol Bartzは就任して1年半にもなるのに「Yahooとはどんな会社か」を簡潔な言葉で言うことができなかった。最近のYahooの広告キャンペーンにもそうした混迷が反映されている。

「Your own personal eveything(あなた自身のすべての個人的なことがらを)というのが今度のキャンペーンのキャッチフレーズで、背景にいろいろなウェブサービスのロゴを刺青した女の写真が使われている。どういうわけか、いちばん目立つロゴがFacebookなのが皮肉だ

一つの分野でトップであることは多くの分野で凡庸であるよりずっと良い。しかし本当に一つの分野でトップを目指す戦略を採用するのだったら、説明に2ページも必要ないはずだ。Yahooは相変わらず「何もかも」戦略を捨てる気がないようだ。混迷はさらに1、2年続くものと私は予想する。

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦/namekawa01

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中