jailbreak
dmca

Apple、守勢にまわる―「合法的だろうと脱獄したらやはり製品保証は打ち切り」

次の記事

クラス運営や成績管理のオンラインツールを提供するLearnBoostが$975Kを獲得


Flickr’d

iPhoneのジェイルブレーキング〔脱獄〕が合法であるとのアメリカ著作権庁の決定に対してAppleがコメントを出した―「ジェイルブレーキングいかに合法であろうと、やはりわれわれは製品保証を無効にする」。将来裁判所でこの主張の有効性がどう判断されるか見当がつかない。Appleはさらに「わざわざジェイルブレーキングするユーザーの数はごく少数なので、それが合法的であると確認されたところで特に騒ぎ立てるにはあたらない」と付け加えた。

しかしAppleには多少、猶予を与えてやらねばなるまい。昨日の著作権庁の決定は間違いなくここ数年で最大のテクノロジーがらみのニュースだった。ジェイルブレーキングの合法化に伴なう事態にどう対処するべきか、Appleの法務部が結論を出すにはかなり時間がかかるだろう。ただ事実は事実だ。ジェイルブレーキングは今や灰色の領域ではない―100%合法的な行為になった。もちろんAppleにはソフトウェア更新時に公式ジェイルブレーキング・ツールを配布する義務などはない。だが同時に「われれわれはこれを禁止しています」と言いっぱなしですむものでもない。

Appleの広報担当者の一人はCult of Macのインタビューに対してこう答えている。

Appleの目的は常にユーザーに最良のiPhone体験をしてもらうことにあります。その点でジェイルブレーキングはユーザー体験を深刻に損なうものです。前述したように、ユーザーの圧倒的大多数はiPhoneをジェイルブレーキングしていません。これはライセンス契約に違反し、製品保証を無効にすると同時にiPhoneの作動を不安定にし信頼性を損なうものです。

嘘をつくつもりはないのだろう。しかし最後の一節、「iPhoneの動作が不安定になる」というくだりは事実ではない。ジェイルブレーキングがそんなに不利なものであれば、世界中にあれほどのコミュニティーができるわけがない。

しかし、上で述べたように、Appleには猶予を与えねばなるまい。ここ数年で最大のIT関連の法律的決定が突如として行われたのだ。影響を見極めるには時間がかかる。

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦/namekawa01