Amazon、Kindleをマイナーチェンジ―Wi-Fi版、$139、 3G版、$189に値下げ

次の記事

GoogleがAndroidアプリケーション海賊版防止システムの提供を開始


今日(米国時間2/18)、Amazonは新しいKindle eブックリーダーの新しいバージョンを発表した。ただし噂されていたようにAmazonのファウンダー、JeffBezosが自ら披露するという形ではなかった。新しいKindleは旧バージョンと同じ6インチ・ディスプレイを備えているが、Kindle DXに使われているのと同じ新しいe-インク・テクノロジーが採用された。それ以外にも多少の改良点があるが、なんといっても最大の特長は価格だ。今回発表された新しいKindleはWi-Fiモデルが$139となり、eブックリーダーとしてもっとも安価なモデルの一つとなる。

価格とスクリーン以外では、ボディーが21%小さくなり、重量が15%軽くなって8.5oz(241g)となった。Amazonのプレスリリースによれば、ストレージが4GBと2倍になり、バッテリーの持ちも大幅に改善されたという。

またウェブ・ブラウザのバージョンアップされたということで、これも良いことには違いないが、e-インクのブラウザというのは私は依然としてぴんと来ない。読書端末に特化してそれ以外の機能はiPadに任せるのが正解だろう。音声によるコマンド機能が追加されたというが、これはどんなものか。新しいKindleを持って混み合ったカフェに出かけて「次ページ!」と怒鳴って周りの驚く様子を見てみようと思う。

個人的には価格も含めて適切な小改良だと思う。小型化、軽量化された上に新しいe-インク技術の採用でさらに読みやすくなったjはずだ。他のeブックリーダーに対しても新しい標準となるだろう。現物が入手でき次第、詳しいレビューをお届けする。

なお3G版は$189となる。イギリスではWi-Fiが£109、3Gが£149だ。世界各地のAmazon.comでも順次注文可能になるはず。

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦/namekawa01

“Amazon、Kindleをマイナーチェンジ―Wi-Fi版、$139、 3G版、$189に値下げ” への1件のコメント

  1. もう少しだけ値下げして欲しいかも。Wi-Fi版が100ドル、3G版が150ドルくらいにw

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中