YouTube、最大アップロード時間を15分に延長

次の記事

Googleのモバイル検索の市場シェアは驚異の98.29%

何年間もYouTubeには大きな制限が一つ存在した。数少ないYouTubeの特別パートナーを除いて、一般ユーザーはビデオを何本投稿してもよいが、ただし1本が10分以内でなければならなかった。今日、YouTubeはこの点を改善した。最大アップロード時間が1本あたり15分に延長された。アマチュア映画監督たちが腕をふるえる余地がさらに広がったわけだ。

YouTubeが10分制限を課してきた大きな理由は海賊版対策だ。もちろん作品を10分毎に分割してアップロードすることはできるが、これでは拡散されにくいし、第一、見るのに手間がかかり過ぎる。15分制限もやはりある場合には不便なものとなるだろうが、YouTubeが徐々にでも制限を緩めようとしているのは良いことだ。公式ブログでYouTubeはこの変更を行った理由を次のように説明している。

われわれは多大な努力を払ってContent IDシステムその他の著作権者を保護するツールを改良してきました。現在、アメリカのすべての有力映画スタジオ、音楽レーベルを含む全世界で1千社のパートナーがYouTubeのContentIDツールを利用しています。こうしたテクノロジー上の進歩によって著作権保護が進展した結果、YouTubeでのビデオのアップロード時間を延長することができるようになりました。

Content IDはYouTubeの自動化された著作権侵害警告システムで、疑わしいビデオが投稿されるとただちに警告が発せられる。YouTubeはパートナーから映画やテレビ番組などのコンテンツの提供を受けており、ユーザーがアップロードしたビデオと照合して確認が取れるようになっている。このシステムはおそろしく高速に作動する(ユーザーのビデオのアップロードが終わらないうちに警告が発せられるほどだ)。通告を受けた著作権者は、削除を要求するか、あるいは場合によっては自分たちで広告を挿入するか選択することができる。将来ContentIDがさらに進歩し、YouTubeの著作権侵害の照合が完全になれば、アップロードできるビデオの長さの制限を取り払うことも可能になるだろう。

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦/namekawa01