[jp]iPadにもタブブラウザーを――国産ブラウザーLunascapeにiPad版が登場

次の記事

Jeff Bezos、Kindleの未来について大いに語る(ハイライトビデオあり)

iPadを使っていてもっとも利用しているアプリケーションはやっぱりブラウザーなんじゃないだろうか。Safariはそれはそれで使えなくもないのだけど、ブラウザーとしての機能があまりにも少なすぎる。

特にPCのブラウザーではあたり前になっているタブでの画面切り替えが備わっていないのは残念だ。となると、タブブラウザーということになるのだが、ここで紹介するiLunascape以外にもAtomic Web BrowserなどiPad用のタブブラウザーはあった。

iLunascapeがいいのはホンの些細なことなのだが、メニューやタブの切り替えをすべて下に配置していて操作をしやすくしているところだろう。ウェブサイトの画面をキャプチャーできるのもいい。1つだけ難点といえば、見ているウェブページ内にあるリンクを他のタブで表示させることができないことだろうか(リンク先のURLをコピーして新タブにペーストすることはできる)。

タブブラウザーを使えば、たとえば、ブラウザーでYouTubeの動画を再生していて、そこから違うページにタブを切り替えても、YouTubeの動画が裏側で再生され続ける。つまり、ブラウザーのイベントがずっとアクティブになっているのだ。これがSafariだといったん動画の再生が止まってしまう上に、再度ページを開くと最初からページが読み込まれて動画の再生は最初からということになってしまう。

今後はPC版に備わっている共有ブックマーク機能や見ているページに関する情報をTwitterなどで共有するソーシャル機能をiLunascapeに実装する計画があるようだ。