Twitterのソーシャルグラフが急激に肥大する–"Who To Follow"(おすすめユーザー)はそのためのステロイドだ

次の記事

ファウンダーを探せ:スティーブ・ジョブズもふつうの人間だった

先週Twitteは”Who To Follow”(おすすめユーザー)という機能のテストを開始した。これは要するに、フォローすべき人を選ぶためのレコメンデーションエンジンで、Facebookなどにも同様の機能がある。最初は、これはTwitterのソーシャルグラフを充実させるための良いアイデアだと思ったが、今日(米国時間8/5)自分のアカウントで実際に使ってみて考えが変わった。ソーシャルグラフの充実なんて、そんな生やさしいものではないね。

ユーザは通常、この機能をサイドバーから使うだろう。下の写真のように、ユーザのツイートやフォロワーなどのデータの下に、Twitterが推薦する2人のユーザが表示されている。どうやって、この2人を選んだのだろう? ”view all”(全てを見る)をクリックしてFind Peopleへ行くと、これらの人びとが全員、ユーザがフォローしている人がフォローしている人であることが分かる。だいたい、Facebookと同じやり方だ。

ただしTwitterの実装は、Facebookよりずっと効果的なようだ。

Facebookの場合はあくまでも、ユーザが今すでに知っている人が中心だ。知っている人のフレンドが、ユーザ本人のフレンドとはかぎらない。その人と多くのフレンドが共通していたら、それ自体は良いことでも、可能性の幅は狭まる。ところがTwitterでは、ぜんぜん知らない人でもフォローすることがある。むしろぼくなんか、ほとんどの場合そうだ。

だから、グラフは巨大になる。Twitterが最初に推薦した2人は、どちらもまじめな人物だったので、2人ともフォローした。ページをリフレッシュすると、次の2人が表示される。それも良好。こうやって、あっという間に15人を加えた。軽率にやったつもりはない。Twitterの推薦が、とてもいいのだ。

サイドバーで、ワンクリックするだけでフォローできるのが、この機能のキモだ。誰もが、Twitterを開くたびにそれを見ることになる(あのすばらしいTwitter User Streamsのクライアントでないかぎり)。毎回、新しい2人が表示される(候補を全員表示すると最初に戻るが)。

2人ずつではなく一度にたくさん見たければ、”view all”(全てを見る)をクリックするとフォロー候補の人たちが何十人も表示される。そこでは、フォローしたくない人を隠す(非表示にする)こともできる。そうするとその人は、推薦されなくなる。

先週Twitterがこの機能のテストを開始してから、ぼくがフォローする人の数は急激に増えた。たぶん、この機能のせいかなと思っていたが、今では断言できる。まさにこの新しい機能のせいだ。もちろん、これによってTwitterのソーシャルグラフは大きく充実する。まあ、筋肉増強剤を打ったソーシャルグラフだな。〔余計な訳注: このところTwitterのダウンタイムがひどくなっています。〕

でも、

Twitterがいつも抱えている問題は、ノイズだ。たくさんの人をフォローするのは簡単だが、ストリームがノイズだらけでは使いものにならない。ぼくがManageTwitterのようなツールを愛用しているのも、そのためだ。フォローしたくない人を、簡単に決められるからね。

ここでは、正負二つの力が拮抗しているわけだが、幸運にもTwitterにはリストというフィルタ機能がある。それは、一部の人たちを、フォローしているけど実際にはフォローしてない状態にできる機能だ。

だから今後、リストに人びとを素早く加えられる方法が提供されれば、それがベストだ。今は、その人のプロフィールをクリックしたりしなければならない。これもやはり、サイドバーから簡単にできる方法がほしい。ドロップダウンでリストが表示されれば、いちばんいいのではないかな。

たしかにノイズの問題はあるが、でもそれでもこの機能は、Twitterの上で大ヒットするだろう。今では、とても多くの人が見ているはず。最近、あなたのフォロワーが急激に増えてない?

こういう機能を提供していたサードパーティ製品は、今後どうなるかな。その一番人気はMr. Tweetだが、それは7月に終わる予定で大幅な手直しをやっていた。でももう8月だ。しかも今度のTwitterの新機能は、Twitterのメジャーでメインの機能でもある。それと戦うのは、難しいね。

なお、Who To Followのウィジェットをサイドバーの目立つ場所に置いたために、それまでの広告スペースが小さくなった。こんな小さなスペースでは、誰も買わないのではないかな(今でも広告は不在だ)。これからのユーザは、広告よりもWho To Followをクリックすることで忙しいだろうからね。

[原文へ]
[米TechCrunch最新記事サムネイル集]

(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))