ビル・ゲイツ曰く「5年以内に最上の教育はウェブからもたらされるようになる」

次の記事

iPhone 4アンテナ問題の渦中、Appleのハードウェア責任者が離職

ビル・ゲイツもやはり、間もなく消え去っていくものがあると予想しているらしい。

ネグロポンテの場合は紙の書籍だった。近々紙の本は消滅するだろうと予測している。ゲイツが失くなるだろうと予想するのは本ではない。学問を修めるために若者が大学に通うということが、比較的早い時期になくなるだろうと予想している。学ぶ気持ちがあれば学校など必要ないというわけだ。

ここ5年以内に、最高の教育リソースは無料でウェブ上に現れてくることになるでしょう」と、カリフォルニアのレイク・タホエで行われたTechonomyカンファレンスにてゲイツが発言した。「個々の大学などよりもはるかに良い教育を提供できるようになるでしょう」とのこと。

どのような手段で学んだにせよ、その学識は正統に評価されるべきだという信念もゲイツは持っている。MITから与えられた学位であれ、ウェブから学んだものであれ、いずれも正統な評価を与えられるべきという考えだ。

但し、高校生年齢までの子供にとって、教育施設が重要であることも強調している。滞在時間の80%を勉強に費やすチャータースクールの現状については積極的に評価してもいるようだ。

しかし大学教育については、そろそろ施設などから開放されるべきだとのこと。皆で同じ場所に集まることなど、パーティー以外に必要だとも思えませんと冗談めかして主張している。

ゲイツのポイントは、ひとつ所に集まって学ぶ現状のスタイルは高価なものとなりがちで、十分な教育を受ける機会を失わせるものだということだ。こうした原因から、現在の特定施設に立脚した教育システムの重要性は5分の1程度に減じるだろうとしている。

現状の教育体制には教科書に関する問題もあるのだとゲイツは言う。小学校においてすら、算数の教科書は300ページを超えるものとなっている。「分厚くて強圧的なんですよ」とゲイツは述べる。「中身を見てもいったいなんのための本なのかちっともわかりません」。

ゲイツによれば、アメリカの教科書はアジア諸国のものと比べて3倍も分厚いのだそうだ。そしてそれでも教育面の多くでアジア諸国がアメリカに優っているという結果が出てきているそうだ。これは「委員会」が教科書を牛耳っていることによる弊害だとゲイツは言う。既存の教科書に次々に新しいことをただ積み重ねていこうとしているのだとのこと。
このような現状の中、テクノロジーこそが教育を学ぶものの手に取り戻して、実りある学習を行っていく唯一の手段なのだという話だ。

尚、会場に於けるゲイツの話は「Bill Gatesは「穴」にとらわれている, そう, 穴ですよ穴!」という記事でも取り上げている。

原文へ

(翻訳:Maeda, H)