germany
環境関連
architecture

家を回転させると消費量の5倍の太陽エネルギーが得られる–ドイツの実例

次の記事

ユーザの閲覧履歴に基づいて検索結果を'個人化'するInfoAxeが$3Mを調達

回転する家って、最高にかっこいいよね。そんな家にソーラーパネルを取り付けると、その家が消費する量の5倍のエネルギーが得られるそうだ。ちょっと信じられないね、だって、外部エネルギーゼロの建物だってめったにないんだから。

ドイツの建築家Rolf Dischが作ったヘリオトロープ(Heliotrope)と呼ばれるこの家は、太陽を追いかけて回転する。外壁はすべて三重構造の断熱ガラスで、光の取り入れと冷暖房の効率を両立させている。

屋上に設置されたSun Sailと呼ばれる巨大なソーラーパネルは、発電能力が6.6キロワット、太陽光線をがぶ飲みして作り出したエネルギーは自家用と一般送電網へ行く。バルコニーには太陽熱収集装置が置かれて、お湯は暖房用にも使われる。曇りの日の暖房には、木くずも併用される。

Sun Sailは家とは別に回転し、つねに最適の位置を保つ。これにより、通常の屋上ソーラーパネルに比べて30%から40%多くのエネルギーが生産される。

家の中もエコに徹している。排水は浄化して再利用し、雨水は屋上の水槽に貯める。トイレは人間の排泄物をコンポストに変える。

住み心地はどうだろう? Dischはプロトタイプの中に自分で住んでるから、きっと満足なのだろう。ほかにも2つ作られていて、建設費は一戸あたり約200万ドルだ。

このビデオは、家の中と外を案内する。最初に、ドイツ人の大好きなけたたましいテクノロックが鳴るから、びっくりしないでね。

情報をありがとう、Inhabitat

[原文へ]
[米TechCrunch最新記事サムネイル集]

(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))

“家を回転させると消費量の5倍の太陽エネルギーが得られる–ドイツの実例” への7件のフィードバック

  1. Hide より:

    この家をリアルに見てみたいな。日本でもないのかな???10年、20年したらこんな家ばかりになったりして。

    • Ken Yoneda Le より:

      一戸建てとしては効率が高いですけどね。都市部のような、高密度の住宅街は比較的にエネルギー効率が高くなるものです。集合住宅にこうした最新技術を利用して消費電力やエネルギーを削減しつつも、環境をよくするのが一番効率が良いと思いますよ。

  2. Kokode_gb0-dummy04811 より:

    おそらく入り口、出口は時刻によって方向が違うのですよね?
    なんか迷いそうです。
    朝は東が出口で、昼は南が出口で、夕方は西が出口みたいな・・・。

  3. Asasd より:

    なんで建物が回転するの?
    ソーラーと温水パネルだけでいいじゃないか

  4. materialise より:

    いや流石に回転するのは上のソーラーパネルだけだろ?
    家全体を回転させるなんて非効率過ぎる

    • Ken Yoneda Le より:

      動画を見ると、建物自体が回転していますよ。回転をする理由は光を最大限に取り込むのもありますけど、温度調整を太陽に向ける面を選ぶ事でしているのがある。意外と回転させるには必要な電力は家を加熱・冷却より低いのでは?

    • 山根隼人 より:

      ちなみに、オランダには家も回る風車の家がありましたね笑

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中