avg

Webが危険な国はロシアとトルコ, 日本は安全な国の第三位

次の記事

[jp] ライフハックのnanapiワークスはソーシャル時代に新しいコンテンツ供給の仕組みをつくれるか

セキュリティ企業AVGが今日(米国時間8/23)発表した調査報告書によると、ロシアとトルコのインターネットユーザはウィルスにやられる機会が世界でいちばん多く、それぞれ、Webを閲覧する人の10人に1人(トルコ)と15人に1人(ロシア)は被害に遭っている。

AVG社は7月の最後の週に、144か国、合計1億台あまりのPCの、ウィルスに対する脆弱性を調べた。合衆国は危険性で第9位(48人に1人が被害に遭った)、イギリスは30位で63人に1人、オーストラリアは36位で75人に1人だった。

シエラレオネとニジェールと日本は逆に、調査対象国の中ではもっとも安全な国で、ウィルス被害はそれぞれ696人に1人、442人に1人、404人に1人だった。

Webの閲覧で日本の安全性が高いのはたぶん、分母となるインターネットユーザ人口が多いためだろう(インターネットユーザは全人口の78.2%)。また日本は、ブロードバンドの普及率も高い。アフリカのシエラレオネとニジェールが安全性で上位なのは、日本とは逆に分子が小さい、すなわちブロードバンドもインターネットも普及率がとても低いためと思われる。

コーカサス地方の国(トルコ、ロシア、アルメニア、アゼルバイジャン)が危険性で上位なのは、不法ダウンロードサイトへのアクセスが多いことと、インターネットカフェを利用する人が多いことが主な原因と思われる。

インターネットカフェなんて、合衆国にはもうとっくにないけど。

画像: AVG

[原文へ]
[米TechCrunch最新記事サムネイル集]

(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))