YouTube%E3%81%8C%E7%9C%81%E7%95%A5%E3%81%AA%E3%81%97%E3%81%AE%E5%AE%8C%E5%85%A8%E3%81%AA%E6%98%A0%E7%94%BB%E3%82%92%E7%84%A1%E6%96%99%E3%81%A7400%E6%9C%AC%E6%8F%90%E4%BE%9B

YouTubeが省略なしの完全な映画を無料で400本提供

YouTubeに、Movies(ムービー)*という新しいカテゴリーができた。約400本の、省略なしの完全な映画を、オンデマンドで、しかも無料で見られるのだ。〔*: YouTube日本語ページでは「映画」。〕

これは本来なら、前に発表されたプロジェクトの次のステップだったはずだが、GoogleとLionsgate、MGM、Sony Pictures、そしてイギリスのBlinkboxなどとの契約が成立したために、早めに実現した。

アップデート: Googleの説明によると、これはイギリス向けの発表で、昨年発表された合衆国のMoviesセクションとは無関係だ(上のリンクを見て)。

ただし、MGMとLionsgateとSony Picturesのコンテンツは今は合衆国のみで、イギリスには配信されない。

どんな映画があるのかな? ボリウッド(Bollywood)映画(インド映画)が山のようにある。Bruce Lee and Jackie Chan(ブルース・リーとジャッキー・チェン)もたくさんある。マイナーなホラー映画漫画映画もある。そのほかいろいろだ。

“YouTubeは、ありとあらゆる種類のビデオを提供していきたい。ベッドルームで見るようなビデオブログ、市民ジャーナリズムによるビデオ報道、そして今回のように、無省略の映画やテレビ番組も提供していきたい”、YouTubeのビデオパートナー部門担当のDonagh O’Malleyが、The Guardianにそう語っている。

“ムービー部門には、有名なヒット作もあれば、何十年も前の古典作品も大量にある。幅広い作品群を、ぜひお楽しみいただきたい。”

ヒット作や本当の古典と言える作品はあまりないようだが、たっぷり時間をかけて探すべきだろう。おっと、ぼくはこれからTeenage Devil Dollsを見るぞ!

[原文へ]
[米TechCrunch最新記事サムネイル集]

(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))

広告

blog comments powered by Disqus