検索の残り半分:Greplinはクラウドのためのパーソナル検索エンジン

次の記事

GmailのPriority Inbox〔重要メール受信トレイ〕―メールボックスの山火事をとりあえず消し止めるのに役立つスグレもの

Y Combinatorからは、いつも素晴らしいものが出てくるが、その中でもGreplinは群を抜いている。クラウド上にしまいこんだあらゆるデータのためのパーソナル検索エンジンだ。Spotlightなどのデスクトップ検索を使ったことのある人なら、すぐにGreplinを理解できる。これは、あなたのクラウドデータのためのSpotlightである。

使い方は至極簡単。サインアップして、好きな数だけソーシャルサービスを認証すれば、Greplinがそのインデックスを作る ― 私はFacebook、Twitter、Google Voiceをまず登録した。数分間のインデックス作成時間の後、GreplinのGoogleライクな検索ボックスが表示される。検索ワードを入れれば、サイトにユーザーが格納した公開データやプライベートデータを検索する。ツイートやDMからFacebookメッセージ、テキスト変換されたGoogle Voiceの留守電、SMSなどが表示される。このほかにもGmail、Dropbox、LinkedInをはじめ数多くのサービスをインデックスできる。

一度使ってみただけで、もう手放せないことがわかる。入力中にリアルタイムで検索結果が表示されるのも嬉しい。また、GreplinはOAuthなどのAPI経由でのみ認証を行うので、第三者サイトの認証画面が出てくることはない。

Greplinの機能の大部分は無料で、添付ファイルの検索等、一部の機能には料金がかかる。

会社を作った背景にも説得力がある。設立したのはDaniel Grossで、彼が18歳の時(今もまだ19歳)。Danileは米国とイスラエルの二重国籍を持ち、エルサレムで生まれ育った後、昨冬Y Combinatorの育成プログラムに参加するためにカリフォルニアに移った。Greplinの発想の原点は? Y Combinatorのファウンダー、Paul Grahamがこう語る。「彼がパーティーに行く途中、住所をどこにしまったか忘れてしまった。Facebookのイベントかメールかカレンダーか。その全部を携帯電話から探すのは大変だった。」そこで自分で解決法を作った。

Grossと共に共同ファウンダーとして参加したのが、Y CombinatorとGoogleが買収したZenterのファウンダー、Robby Walkerだ。これはWalkerにとって2度目のY Combinator発の旅であり、GrossはこれまでにY Combinatorが出資した最年少の起業家である。

投資家たちはよだれをたらしている。同社はすでにエンゼル資金として70万ドルをSV Angel、Chris Dixon、Bret Taylor、Keith Rabois、Paul Buchheitらから受けている。Bret TaylorがFriendFeedで数多くのサードパーティーサービスのデータを取り込んできた経験は、特に価値があるとGrossは言っている。

この会社には注目だ。今後数多くの投資提案を片っ端から断わることになるだろう。彼らはウェブ検索の残り半分に手を掛けたばかりだ。

Greplin Demo from greplin on Vimeo.

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi)