Appleイベント速報―新iPod Touchはダブルカメラ、Retinaディスプレイ

次の記事

Appleの音楽ソーシャルネットワークのPing、1億6000万人の会員を抱えてスタート


Appleは今朝(米国時間9/1)のプレスイベントでいくつかの音楽とメディア関連の新製品を発表した。iPod touchについても以前からリークが盛んに流れていたが、今回実際に発表された製品はほぼ予想通りのスペックだった。

大きな改良が2つあった。Retinaディスプレイとダブルカメラの採用だ。新ディスプレイはiPhone 4に搭載されているのと同じもので、3.5インチ、960×640ピクセル。カメラもiPhone用に大量に安く買い込んだ5メガピクセルモデルだろう。 背面カメラはたしかに720pのHDだが、静止画は960×720 (?!)でしか撮影できないらしい。前面のVGAカメラも同様という。JobsはiPodtouchを「キャリヤとの契約がいらないiPhone」と呼んだ。

CPUはA4、メモリーは最大64GBまで用意される。内部の部品はジャイロも含めてiPhone 4とあらゆる面で同一らしい。スペックについてはストアがオープンしてから詳しく報告する。過去にはiPod touchはiPhoneとは異なる回路基板を使っていた。実物を手にしたら分解して確認するつもりだ。なお今回iPodtouchでFaceTimeビデオチャットがサポートされるようになったが、iPod touch間だけでなくiPhoneとも通話可能だ。

料金は以下のとおり(編注:価格は北米向け、カッコ内は日本市場での価格)。

  • 8GB:229ドル(2万900円)
  • 32GB:299ドル(2万7,800円)
  • 64GB:399ドル(3万6,800円)

デザインは従来のiPod touchと新しいiPhone 4をミックスしたような雰囲気だ。非常に薄く、クロームでぴかぴかしているが、iPhoneのように側面が平らではない。ダウンサイズもさらに進み、従来モデルより10分の1インチ(約2.5mm)薄くなっている。

Jobsは「iPod touchは任天堂とソニーのゲーム機を合わせたよりも売れている」と述べた。おそらくその通りなのだろうが、実数が知りたいところだ。なおiPhoneやiPodtouch向けに販売されているゲームのほとんどは$5以下の低価格製品だ。

OSには新しいゲームセンターなど新機能を備えた今回発表されたiOS 4.1が搭載される。予約注文は今日から受け付ける。出荷は来週

Update: Appleの公式ページによると、新しいiPod touchのカメラのスペックは、やはり960×720(静止画)ピクセルということだ。これはナンセンスだ。もしCCDが1280×720ピクセル、30FPSのビデオを撮影する能力があるなら、もっと高い解像度の静止画が撮影できなければおかしい。もしCCDが960×720ピクセルの撮影しかできず、それを1280×720に拡大しているなら、動画の画質はそれなりのものになるだろう。

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦/namekawa01