[jp] ついにmixiがトラフィックを外部に開放。mixiはソーシャルグラフプロバイダーになる

次の記事

希望のかすかな光: Google VoiceがApp Storeに戻るかもしれない, 成功を祈ろう

ついにmixiのトラフィックが開放される。mixiの原田明典氏は今日、mixi meetup 2010の会場で先日公開したmixiチェックを全てのユーザーに開放すると発表した。自分のサイトにこれらのソーシャルプラグインを導入したい場合は、HTMLのコードを取得して自由に設置することができる。

同氏が「mixiコネクトと呼んでいたものをmixi pluginとmixi graph APIに再整備した」と語るように、今日から提供されるのはHTML形式のmixi pluginとAPI形式のmixi graph APIだ。

特にmixi pluginのチェックボタンはfacebookの「いいね」ボタン同様「最も簡単にウェブをソーシャル化できる」機能で「簡単にいえばお気に入り。これを押せば友達にフィードが飛ぶ。これを本日から一般公開する」と語った。

mixiチェックはソーシャルグラフ上でお互いの興味を簡単に共有しようというものだ。これまで限定的だった公開範囲が全てに開放され、外部サイトからあらゆる情報がチェックとともにmixi内に流れ込むことになる。流入した「リンク」はユーザー同士による興味、共感のフィルタリングを経て、さらに外部へ流出する。このようにして動きだすユーザー数は「MAU※1447万人(8月末時点)」にものぼる。

この良質なトラフィックを生み出すレコメンデーションネットワークこそが重要なポイントだ。おそらくこのトラフィックを求め、様々なウェブサービス提供者がmixiチェックを設置することになるだろう。

今年の4月、Facebookは「いいね」ボタンが設置後24時間で10億回押されるといった。mixiチェックも押されれば押されるほど、彼らのレコメンデーションネットワークは高度に発達し、そこから生み出されるトラフィックはこれまでの検索エンジンにはない、新たな変革をもたらすことになるだろう。

4月のf8カンファレンスでFacebookのZackerbergは「Web全体が最初からすみずみまでソーシャルである状態をつくりたい」と語った。mixiは日本のウェブにどのような未来を作ってくれるのだろうか。

【アップデート:写真を追加しました】
※注釈/MAU:月間アクティブユーザー